現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 歴代最強の634ps/86.5kg-m アルピナB5 GTへ試乗 G30型のラストを飾る250台

ここから本文です

歴代最強の634ps/86.5kg-m アルピナB5 GTへ試乗 G30型のラストを飾る250台

掲載 7
歴代最強の634ps/86.5kg-m アルピナB5 GTへ試乗 G30型のラストを飾る250台

250台限定 最後のG30型アルピナ

2026年までに、アルピナはBMW傘下の高性能ブランドとして再編される。メルセデス・ベンツとAMGの関係のように。それまでは、年間2000台に届かない生産数が大きく増えることはないだろう。その後どうなるのかは、我々には知らされていない。

【画像】歴代最強の634ps/86.5kg-m アルピナB5 GT 競合クラスのステーションワゴンは? 全117枚

ドイツ・ブーフローで培われてきたブランドイメージを活用し、Mモデルやロールス・ロイスとは異なるモデル展開をBMWが進める可能性は高い。特に、上質なインテリアを中心に。だが、メカニズムへ独自のアップデートが施されるのかは、定かではない。

今回ご紹介するB5 GTは、従来のアルピナ・レシピに則って作られる1台。他に例のないオールラウンダーだといえる。しかも、生産数は250台と非常に少ない。

ベース車両は、G30型5シリーズのM550i。既に次世代の5シリーズが発表されていることは、AUTOCARの読者ならご存知かもしれない。アルピナが擁する約100名の技術者によって、一層の高性能化が図られたG30型最後の特別なモデルだ。

過去にはB10と呼ばれてきたB5は、歴史的にアルピナのフラッグシップ・モデルを務めてきた。ブランドのアプローチを、最も端的に体現したモデルとして。圧倒的に速く、日常的に乗りやすく、控えめな見た目で仕立てられてきた。

最新のB5も同様。直線ではスーパーカー顔負けの加速を見せつける。しかし、乗り心地はリムジンのように上質。BMW M5 CSのように鋭い回頭性は披露せずとも、秀でた姿勢制御とステアリングの精度、懐の深さで、運転を堪能できる。

同社史上最強の634ps 最大トルクは86.5kg-m

このB5 GTは、アルピナの見事な技術力が証明されているだけでなく、BMWをベースに独自モデルを60年間も生み出し続けてきた、同社の歴史を自ら讃えるモデルでもある。英国価格は、約12万5000ポンド(約2187万円)。ちなみに、既に完売している。

1台1台丁寧に作られるB5 GTにはサルーンもあるが、ツーリングと呼ばれるステーションワゴンの方が多いそうだ。納車は2023年の後半から。オプションのフルラヴァリナ・レザー内装を指定した場合、手間がかかるため2024年末まで待つことになる。

基本的なシャシーやパワートレインは、既に販売が終了している、従来のB5と大きくは違わない。しかし、吸気系統とECUなどに手が加えられ、4.4L V型8気筒ツインターボ・ガソリンエンジンの最高出力は620psから634psへ増強されている。

その結果、B5 GTはアルピナ史上最強モデルという座を掴んだ。カタログ上の最高速度は330km/hがうたわれているが、非公式ながら、実際は354km/hまで出るらしい。

最も注目すべきは最大トルク。3500rpmから、86.5kg-mという凄まじい腕力を繰り出す。M5 CSより13%も高く、アストン マーティンDBS770 アルティメットに迫る。

今回の試乗場所は、国際的なグランプリも開催できるオランダ・ザントフォールト・サーキットだったが、収まりきれないほどの動力性能を発揮してみせた。特に中回転域でのたくましさは半端ない。

思い切りテールを振り回すことも自在

アルピナによれば、シャシーも僅かに引き締められているとのこと。だが、オリジナルのB5が持つ、優れた衝撃吸収性を失わないことへも注意が払われた。

結果として、サスペンション・スプリングのレートとダンパーの減衰力、アクティブ・アンチロールバー、後輪操舵システムの特性などに手はつけられなかった。バンプストッパーは新しいというが、それは極めて高負荷時に効果を発揮するに過ぎない。

車高は僅かにリア側で落ちている。四輪駆動システムのトルク分配率も、若干リア寄りになった。シャシー剛性を高めるため、フロントサスペンションのストラットトップとバルクヘッド間に、新しいブレースも装備されている。

この内容から考えると、コーナーではごく僅かに鋭敏さを増しているはず。だが、直接乗り比べても変化へ気付くことは難しいだろう。

少なくとも、ザントフォールト・サーキットで存分に楽しませてくれたことは間違いない。手に負えないアグレッシブさはなかった。ステアリングのレシオは理想的といえ、低速コーナーでは思い切りテールを振り回すことも自在。直感的に扱える。

リアアクスルにはリミテッドスリップ・デフが組まれ、オーバーステアを支配下に置くことへ貢献している。従来のB5と同じく、モータースポーツで愛用されるドレクセラ社製の機械式。M5の電子制御LSDより、挙動を読みやすい。

容姿は文化的なステーションワゴンにも見える。だが、本気を出せばワイルドでもある。

壮大なスーパーサルーン/ワゴンの節目を飾る

オーバースピードでコーナーへ突っ込むと、1980kgのB5は、M5 CSより穏やかなアンダーステアへ転じやすい。つまり、驚異的に速いのと同時に、基本的にはドライバーへ優しい安定志向でもある。

今回は許されなかったが、公道へ出れば、その安楽さへも心が打たれるだろう。舗装の古いコース裏の通路を走らせた限り、充分しなやかに思えた。

通常のB5とB5 GTとを見分けるポイントとしては、ブロンズゴールドのアルミホイールがわかりやすい。また、ディフューザーがフロントバンパーの下から突き出ている。

インテリアでは、アルカンターラで包まれた、M5仕様のフロントシートをオプションで選べた。ステアリングホイール裏には、マロン・ボルシアーノというカラーで着色された、アルミニウム製のパドルが光る。

全体的なコーディネートとしては、かなり控えめではある。だが、壮大なスーパーサルーン/ワゴンの節目を飾るモデルとして、ピッタリの仕上がりだと思う。

アルピナB5 GT(欧州仕様)のスペック

英国価格:約12万5000ポンド(約2187万円)
全長:4978mm
全幅:1868mm
全高:1466mm
最高速度:330km/h
0-100km/h加速:3.2秒
燃費:−km/L
CO2排出量:−g/km
車両重量:1980kg
パワートレイン:V型8気筒4395ccツイン・ターボチャージャー
使用燃料:ガソリン
最高出力:634ps/5500-6500rpm
最大トルク:86.5kg-m/3500-5000rpm
ギアボックス:8速オートマティック/四輪駆動

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

なぜ道路は“黒い”アスファルト? 白っぽい「コンクリート道路」もたま に見るけど…どう使い分けているのか
なぜ道路は“黒い”アスファルト? 白っぽい「コンクリート道路」もたま に見るけど…どう使い分けているのか
乗りものニュース
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス LC500(寺本貴裕さん)by サウンドエボリューション・ログオン 前編
[Pro Shop インストール・レビュー]レクサス LC500(寺本貴裕さん)by サウンドエボリューション・ログオン 前編
レスポンス
1年で7万台売れた! ホンダの激売れ「シビックSUV」“走る姿がカッコいい!”と好評に!? 「ZR-V」への反響は?
1年で7万台売れた! ホンダの激売れ「シビックSUV」“走る姿がカッコいい!”と好評に!? 「ZR-V」への反響は?
くるまのニュース
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
“コスパがスゴい”だけじゃない! いま話題のBYDフラッグシップセダン 新型「シール」ってどんなクルマ?
VAGUE
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
使い勝手のよさを追求して進化したホンダの新型「フリード」はコンパクトミニバンの市場をどこまで広げられるか?
@DIME
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年7月7日~7月13日)
モーターマガジンMovie 週間視聴回数BEST5 プラス1(2024年7月7日~7月13日)
Webモーターマガジン
F1デビュー決まったベアマン、F2では苦戦続き「F1サウジアラビアでの代役が大きかった」と回顧
F1デビュー決まったベアマン、F2では苦戦続き「F1サウジアラビアでの代役が大きかった」と回顧
motorsport.com 日本版
グッドルッキンな“ワンポイント・ドレスアップパーツ”を紹介!【特選カーアクセサリー名鑑】
グッドルッキンな“ワンポイント・ドレスアップパーツ”を紹介!【特選カーアクセサリー名鑑】
レスポンス
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
フェラーリ、WECタイトル争いに気合十分? ル・マンの勝利がアップデート投入のきっかけに
motorsport.com 日本版
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示!  旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
スズキ「“黒レトロ”軽バン」実車展示! 旧車顔の「“超小型”車中泊」モデル! めちゃ「丸目」なアメリカン軽1BOXバン公開
くるまのニュース
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
「つくば鶏」のチキンカツに満足! 常磐道「中郷SA」で出会った銘柄鶏
バイクのニュース
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
BMWやメルセデスあるあるの「アルミモール」の「白サビ」はなぜ起こる? 業界イチの洗車マニア評論家が、誰でもできる対策方法をお教えします
Auto Messe Web
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
三菱 ギャラン・クーペFTO 1600 GSR(昭和48/1973年2月発売・A63型)【昭和の名車・完全版ダイジェスト076】
Webモーターマガジン
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
「AMG」よりも「マイバッハ」よりも凄いサブブランドが誕生! メルセデス・ベンツの次なる一手「ミトス」とは
WEB CARTOP
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
ドゥカティ、マルティン捨てマルケス起用に母国イタリアで「猛烈賛否」とCEO認める
motorsport.com 日本版
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
何カ月も乗ってないクルマで「いきなりエンジン始動」はクルマを傷める! 正しい始動の手順と長期間乗れない場合の対策とは
WEB CARTOP
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
道路で「静かに」の看板を見かけたのですが、具体的にどうすればいいのでしょうか? 法的に静かにする必要がありますか?
乗りものニュース
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
フェラーリのアップデートは「弱点克服に役立つ」とニールセン。WEC後半戦はタイトル争いに集中
AUTOSPORT web

みんなのコメント

7件
  • 次はベースの5が相当な見た目駄作だからこれが最後かも。ま、買えないけど
  • ポールマッカートニー曰く、
    コロナ禍でのマスク生活は最高だ!スーパーに買い物に行っても誰も気が付かないから。
    アルピナとはそんなクルマかな。B10(e34),B4(2022)所有してますが、とても気に入ってます。
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1898.01939.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

345.01599.0万円

中古車を検索
B5の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

1898.01939.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

345.01599.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村