サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1 70周年記念GP|ソフトよりミディアムの方が速い? 予選・決勝に向け、各チームはタイヤ選択に苦慮

ここから本文です
 F1第5戦F1 70周年記念GPでは、同じくシルバーストンで行なわれた前戦イギリスGPと比べ、持ち込まれているタイヤコンパウンドの組み合わせが異なっている。イギリスGPはC1、C2、C3と最も硬い組み合わせとなっていたが、今回はC2、C3、C4と一段階柔らかいコンパウンドが持ち込まれている。つまりイギリスGPのソフトタイヤ(C3)が、今回はミディアムタイヤ扱いとなるのだ。

 F1 70周年記念GPの金曜フリー走行では、前戦で使用していないソフトタイヤ(C4)のテストに時間を割くチームがほとんどだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン