サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハミルトン、FP3中のふたつの行為で審議を受け、戒告処分に。レッドブルは裁定に不満も、正式抗議は断念/F1第21戦

ここから本文です
 メルセデスのルイス・ハミルトンは、F1サウジアラビアGPのFP3で、ふたつの規則違反を犯した疑いがあるとして、スチュワードから事情聴取を受けた。ひとつはダブルイエローフラッグ無視の疑いで、これについてはペナルティを科されず、もうひとつはニキータ・マゼピン(ハース)の妨害であり、これに関しては戒告処分を受けた。

 イエローフラッグ下で十分に減速しなかった可能性について審議を行った結果、スチュワードは、ハミルトンはレギュレーション違反を犯していないと判断、その理由を以下のように説明した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン