サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ル・マン24時間レース決勝レポート:中嶋一貴&トヨタ8号車、ル・マン3連覇を達成! 小林可夢偉のトヨタ7号車は3位

ここから本文です

 FIA世界耐久選手権(WEC)第7戦、第88回ル・マン24時間レースはTOYOTA GAZOO Racingの8号車(中嶋一貴/セバスチャン・ブエミ/ブレンドン・ハートレー組)が総合優勝。トヨタ8号車としては、2018年からの3連覇を達成した。

■ル・マン24時間は3連覇懸かるトヨタ8号車のトップで夜明け迎える。残り6時間に

 レース前半はポールポジションのトヨタ7号車(小林可夢偉/マイク・コンウェイ/ホセ・マリア・ロペス組)が快調にレースをリード。8号車にはブレーキトラブルが発生し交換作業を行なったため、7号車にラップダウンされる展開となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ