サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ピレリ、F1タイヤ開発テストの不足を懸念。18インチ化は2022年に延期も、2021年に向けたアップデートを希望

ここから本文です

 新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、F1は2021年に予定していた大規模なレギュレーション変更を1年延期、これに伴い、18インチタイヤの導入が2022年に先送りされることとなった。

 長年F1ではホイール径が13インチに定められてきたが、市販車に合わせる形で18インチへの変更が行われることが決まった。

フェラーリによる18インチF1タイヤテストが延期に。新型コロナウイルス感染拡大の影響

「現在、18インチタイヤ開発の真っ只中にいる」とピレリのカーレーシング責任者であるマリオ・イゾラは『Auto Motor und Sport』に対してコメントした。

おすすめのニュース

サイトトップへ