サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「最高のバレンタインデー」ボッタスとハミルトン、メルセデス『W11』のシェイクダウンをスムーズに終える

ここから本文です

 メルセデスF1チームは2月14日に2020年マシン『W11』のシェイクダウンを行い、イギリス・シルバーストンでバルテリ・ボッタスとルイス・ハミルトンが初めてニューマシンで走行した。

 午前にボッタス、その後にハミルトンが『W11』で周回を行った。

メルセデスF1の2020年型マシン『W11 EQ パフォーマンス』がコースデビュー。まずはボッタスが走行

「最初の感触はよかった。すべてがうまく機能したよ。それが出発点だ」と、走行を終えたボッタスはコメントしている。

「この時点ではマシンに何も問題はない。今日はシステムチェックをして、すべてがうまく機能するかどうかを確かめ、第一印象をつかむための走行にすぎない」

「いい感触だったよ。

おすすめのニュース

サイトトップへ