サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ボッタス、史上初のダブルタイトル6連覇に勝利で貢献「鈴鹿がますます好きになった」メルセデスF1日本GP

ここから本文です
 2019年F1日本GPで、メルセデスのバルテリ・ボッタスは予選3番手(1分27秒293)、決勝で優勝を獲得した。3番グリッドから、スタートでトップに立ったボッタスは、17周目にソフトタイヤからミディアムに交換、36周目にソフトを履いて最後まで行く2回ストップで走った。

 最初のピットストップ後、チームはボッタスは2回ストップ、ルイス・ハミルトンは1回ストップで走ると告げ、ボッタスにプッシュしろと指示した。しかしその後、チームはハミルトンにも2回目のピットインをさせることを決め、ボッタスはチームメイトとバトルすることなくトップでチェッカーを受けた。