サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 星野監督の金言で開眼した松下信治。3台にスペック2エンジン投入を絞ったホンダ陣営の意外な戦略……【GT500予選レビュー】

ここから本文です

 スーパーGT第5戦SUGOのGT500クラスは、ある程度、事前の予想どおりサクセスウエイト(SW)が軽めのチームが上位に来る展開となったが、前回の鈴鹿に続いて今回も路面温度23度という予想より低めの温度でタイヤ選択が分かれるなど、多くのチームにとって難しい展開となった。予選後の各陣営の悲喜交々の声とともに、決勝でのポイントを探った。

●予選2番手 16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT Q2担当:大湯都史樹

【GT500コースサイドチェック】SPアウトはカルソニック IMPUL GT-R速し。朝と予選で様子は一変

 前回の鈴鹿に続いての予選2番手を獲得した16号車Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT。

おすすめのニュース

サイトトップへ