サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プロスト、セナのドキュメンタリー映画を“偽物”と批判「素晴らしいストーリーを伝えていない」

ここから本文です
 4度のF1世界チャンピオンであるアラン・プロストは、F1の伝説であるアイルトン・セナの生涯と死を描いた2010年のドキュメンタリー映画は“偽物”だと述べている。

 2010年に公開されたドキュメンタリー映画『Senna(邦題:アイルトン・セナ~音速の彼方へ)』に関し、プロストはこの映画のプロデューサーたちと意見の不一致があったことを明かした。プロストは、この映画はふたりのドライバーの真の関係を十分に描くことができておらず、素晴らしいストーリーを伝える機会を逸したと主張している。

おすすめのニュース

サイトトップへ