サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【フォーミュラE】ブエミの動きは「信じられないほど愚か」 追突されリタイアのディ・グラッシが痛烈批判

ここから本文です

 アウディのルーカス・ディ・グラッシは、フォーミュラE第4戦ローマePrixをリタイアで終えた。そのディ・グラッシは、リタイアの原因となったセバスチャン・ブエミ(日産・e.ダムス)の追突を、痛烈に批判している。

 レースの7周目のことだった。ターン7へと向かっていたディ・グラッシは、ブエミにリヤを突かれたことでマシンのコントロールを失い、ウォールにクラッシュ。そのままリタイアという結果になった。

■フォーミュラE第4戦ローマePrix決勝:バンドーン今季初優勝。PPキャシディ、スタート直後の単独スピンに泣く

 この事故の責任を問われたブエミには、5秒のタイム加算ペナルティが科され、7番手フィニッシュも最終的に10位という結果に終わった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン