サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1の“速さと技術”が伝わらない高額投資はムダなのか? 現状憂うフェラーリ副会長が一刀両断

ここから本文です
 フェラーリ創業者エンツォ・フェラーリの息子であり、現在はフェラーリ副会長を務めているピエロ・フェラーリ。彼は現在のF1マシンについての技術の高さや速さが正しく伝わっていない現状では、多大な投資を正当化できないと考えている。

 彼は現在のF1マシンが史上最速であるにも関わらず、TV放送ではその速さが現れていないと考えている。さらにチームが多額の投資を行なって開発しているマシンやイノベーションを取り巻く秘密主義にも疑問を呈した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン