サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】2位ザルコ「終盤は悪夢のようだった」灼熱地獄のドイツGP、タイヤも身体も負荷甚大

ここから本文です

 MotoGP第10戦ドイツGPで、プラマックのヨハン・ザルコは2位表彰台を獲得。チャンピオンシップにおけるランキングを3番手に浮上させた。

 ドイツGPは欧州全体を熱波が襲っていたこともあり、気温は実に35℃超えの猛暑日になった。そして、このコンディションの中30周という長丁場のレースをこなしたザルコは、終盤のラップは悪夢のようだったと語っている。

■クアルタラロ、タイトル争いに弾みつける3勝目! バニャイヤ、中上ら転倒続出|MotoGPドイツ決勝

 ザルコはレース序盤の2周目にアレイシ・エスパルガロ(アプリリア)を交わして表彰台圏内に浮上。

おすすめのニュース

サイトトップへ