サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【JLRラルフ・スペッツCEO退任】ジャガー・ランドローバー復活の立役者 功績を振り返る

ここから本文です

【JLRラルフ・スペッツCEO退任】ジャガー・ランドローバー復活の立役者 功績を振り返る

今年9月で退任

ジャガー・ランドローバー(JLR)のラルフ・スペッツCEOの今年9月での退任が発表された。

【画像】ラルフ・スペッツCEO退任 全6枚

親会社であるタタ・モータースのナタラジャン・チャンドラセカラン会長名で発表された声明では、スペッツ博士が「執行権を持たない副会長として、引き続きジャガー・ランドローバーでの役割を果たしていくことに合意した」としている。

さらに、博士は持ち株会社であるタタ・サンズの取締役会メンバーにも留まるようだ。

後任を指名するための委員会が発足したことをチャンドラセラカン会長は明らかにしており、彼はスペッツ博士の「タタがフォードからJLRを買収して以来、10年に渡る情熱と専心」に謝意を表明している。

英国版AUTOCARクロプリー編集長 惜別の辞

単なる偶然だろうが、英国のEU離脱に続くスペッツ博士退任のニュースは、これ以上ないタイミングだったと言えるだろう。

国民投票でブレグジットが決まる数年前から、スペッツは英国のEU離脱という考えを公然と批判していた。

一般の有権者から首相まで、彼の声に耳を傾けるあらゆるひとびとに対して、もし英国とEU各国、さらにはそのグローバルな顧客を繋ぐ複雑な関係が断ち切られることになれば、英国自動車産業は大きなダメージを受けることになると警告を発していたのだ。

そして、多くの重要な点でこの博士の警告が正しかったことが証明されている。英国自動車産業は急激にその勢いを失い、残念ながらこの傾向は今後数年間続くことになるだろう。

スペッツ博士にとって、JLRの成功がもっとも重要だったことに疑いの余地はない。

その在任期間中、このふたつのブランドを持つ自動車メーカーを英国最大、且つ圧倒的な収益力を誇る企業へと変貌させることに成功している。

だが、2017年には市場の急激なディーゼル離れと中国市場の失速によって、JLRの業績も大きな影響を受けており、巨額の損失を計上するとともに、予想もしなかった4500名ものレイオフと25億ポンド(3562億円)のコスト削減を余儀なくされている。

博士の功績

それでも、こうした取り組みの結果、JLRの業績は回復し6カ月前には黒字化を達成している。

しかし、業績の浮き沈みもスペッツ博士が残した功績を損なうものではないだろう。

彼は英国最大の自動車メーカーを創り上げるとともに、高コスト体質と将来的な財政危機への布石として、ブラジルとスロバキア、そして中国に製造拠点を設けている。

さらに、若きエンジニアとして過ごしたBMWでの経験をもとに、JLRに新たな規律をもたらすことに成功しており、現在JLRとBMWとの関係はより緊密さを増しつつあるようだ。

スペッツはJLRのオーナーであるインドのタタ・サンズとも素晴らしい関係を築いており、タタによるJLRの買収は英国に大きな衝撃をもたらしたものの、この買収劇を主導し、いまもJLRに影響を与え続けているラタン・タタにはつねに特別な敬意を払っている。

スペッツのクルマに対する生来の愛情が、市場に高く評価されるランドローバーとジャガーの各モデルの誕生へと繋がっている。

さらに、つねに進歩を求めるスペッツの情熱がジャガーIペイスという魅力的なプレミアムEVを生み出したのであり、このクルマはドイツ勢のライバルに先立つこと1年前に発売が開始されている。

さらなる活躍に期待

最近、英国の市民権を取得したことで、この第二の故郷とも言うべき国への貢献に対して、名誉あるナイトの称号を授与されている。

さらに、彼はその深い知見に基づき、特にバッテリー生産設備の本格稼働といった重要なプロジェクトにおいても主導的な役割を果たしている。

それにはミッドランズ地方にある大学との緊密な連携も大いに貢献しており、すでに大学発のイノベーションを大規模なバッテリー生産へと繋げるための、英国バッテリー産業化センターを実現させている。

今年9月でのスペッツ退任を明らかにしたJLRの発表では次期CEOについての言及はなく、タタグループ会長のコメントによれば後任探しは始まったばかりのようだ。

だが、スペッツ自身が公表したコメントは、「個人的には、エキサイティングで新しいチャレンジを楽しみにしています」という興味深い一文で結ばれている。

おそらく、巨大企業の舵取りという重責から解放されたスペッツの情熱は、将来のモビリティーへと向けられることになるに違いない。

出来れば、その舞台が引き続き英国であって欲しい。

番外編:JLRの救世主 新型イヴォーク

2019年最後の四半期、JLRは税引き前利益として3億1800万ポンド(453億円)を計上している。新型レンジローバー・イヴォークのヒットと中国市場の回復、そしてコスト削減が功を奏した結果だ。

第3四半期までの売上高は64億ポンド(9118億円)であり、販売台数ではやや減少したものの、対前年同期比で2.8%のプラスだった。

市場が持続的に回復したことで、中国での販売台数は前年から24.3%の大幅な伸びを記録している。

プロジェクト・チャージという名の構造改革が始まって以降、JLRではコスト削減額が29億ポンド(4132億円)に達したとしている。

次のステップでは、2021年3月までにさらに11億ポンド(1567億円)のコスト削減とキャッシュフローの改善を目指すと言う。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します