サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|角田裕毅の”超安定”レースペース。FP2から大きく改善したデグラデーション:F1スペインGP

ここから本文です

 角田裕毅(アルファタウリ)は、F1第6戦スペインGPで10位入賞を果たした。彼のレース中のペースを見ると、フリー走行の時と比べると、かなり改善されているのが分かる。

 戦前はかなり厳しい戦いになると思われていた今回のアルファタウリ。実際、角田のチームメイトであるピエール・ガスリーは、他車との接触もあり大いに苦戦した。

■10位角田、堅実な走りでポイントゲット「タフなレース。結果にもパフォーマンスにも満足」

 しかし角田は、レース中に安定したペースを維持。

おすすめのニュース

サイトトップへ