サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】バレンティーノ・ロッシ、ついに最後の母国戦。「特別なレースになる。ファンに楽しんでもらいたい」

ここから本文です
 2021年限りでの現役引退を表明したペトロナス・ヤマハSRTのバレンティーノ・ロッシ。彼は最後のホーム戦となるMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGPに向けて、特別なレースをファンに楽しんでもらいたいと語っている。

 2輪ロードレース界の“生ける伝説”とも言われるロッシは、サマーブレイクの明けた8月に会見を開き、そこで現役引退を決断したと発表。1996年に世界選手権への参戦をスタートさせて以来、26シーズンに渡って参戦し、9度のタイトルを獲得してきたレジェンドが、遂にこの世界を去る事となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ