サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1分析|アメリカGPでフェルスタッペンの”早め早め”戦略を成功させた「判断と労り」

ここから本文です

 先日行なわれたF1アメリカGP。優勝を手にしたのは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンだった。

 フェルスタッペンは、早め早めにタイヤを交換する戦略を成功させたのが勝因だと言える。

■レッドブルの”巧妙”戦略に屈したハミルトン……勝つために「何か他のことができたかは分からない」

 ポールポジションからスタートしたフェルスタッペンだったが、抜群の蹴り出しを見せた2番グリッドのルイス・ハミルトン(メルセデス)に、1コーナーのブレーキングで先行されてしまう。しかし1回目のピットストップを10周目というかなり早い段階で行なったことで、アンダーカットを成功させて首位を奪還。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン