サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1、ロシアGPの代替戦開催を断念。2022年シーズンは全22戦で決着へ

ここから本文です

 F1は5月18日、中止が決まったロシアGPの代替戦を行なわず、2022年シーズンを22戦で行なうことを発表した。

 ロシアがウクライナに侵攻したことを受け、F1は今季のロシアGP開催中止を決定。今後の契約についても破棄する決定を下した。

■ホンダ、2022年F1日本GPの冠スポンサーに決定「日本におけるモータースポーツの振興に寄与していく」

 そんな中F1は、当初予定されていた全23戦を開催すべく代替開催地の検討を始めた。

 今季のロシアGPは、シンガポール、日本との3連戦として組まれていた。代替開催地としてはカタールやホッケンハイムの名が上がったが、ロジスティクスの面などを考慮すれば、現実的ではなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ