サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > FIA F2ソチ:大クラッシュ発生でレース2は途中終了。周冠宇がF2初勝利、角田は6位でランキング3番手に浮上

ここから本文です
 2020年FIA F2選手権の第10戦がロシアのソチ・オートドロームで行なわれた。大クラッシュ発生で21周のレースは途中終了となったが、周冠宇(ユニ-ヴィルトゥオーシ)がF2初勝利を飾り、角田裕毅(カーリン)は6位に入りランキング3番手に浮上した。

 前日に行なわれたレース1は、ポールポジションスタートの角田が前半から優位にレースを進める展開となったが、レース中盤にタイヤかすを拾ってしまい失速。その隙を突かれてミック・シューマッハー(プレマ)に逆転を許し、優勝を逃した。このレースで2位となった角田は、ポイントランキング6番手から4番手に浮上した。

おすすめのニュース

サイトトップへ