サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > プラマックで指揮を執ったフランセスコ・グイドッティがKTMのチームマネージャーに就任/MotoGP

ここから本文です

 12月1日、ロードレース世界選手権MotoGPに参戦しているKTMファクトリー・レーシングは、マイク・レイトナーの離脱に伴い、フランセスコ・グイドッティをチームマネージャーとして起用すると発表した。

 KTMは11月25日、チーム代表のマイク・レイトナーが離脱することを発表。レイトナーはKTMがMotoGPクラスにファクトリーチームとして参戦するため、2015年からプロジェクトを牽引した人物だった。

ヤマハ、ミラノショーに登場したMotoGPレジェンドのロッシに特別仕様のバイク『R1 GYTR VR46 Tribute』をプレゼント

 その後、レイトナーは、レッドブルKTMレースマネージャーとして2021年まで役割を担い、5年で5度の優勝と13度の表彰台獲得へと導いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン