現在位置: carview! > ニュース > モーターショー > トヨタ、本気かも!? ランクルのEVや次世代スポーツなど、モビリティショー出展車をまとめて紹介

ここから本文です

トヨタ、本気かも!? ランクルのEVや次世代スポーツなど、モビリティショー出展車をまとめて紹介

掲載 更新 1
トヨタ、本気かも!? ランクルのEVや次世代スポーツなど、モビリティショー出展車をまとめて紹介

ジャパンモビリティショーへと名実ともに生まれ変わった日本最大規模の自動車見本市が、10月25日(水)のプレスデイで幕を開けた。プレスコンファレンスをトップバッターで実施したのは、トヨタ自動車。さっそくその発表内容をご報告しよう。

クルマ屋らしいEVをつくる

“クルマ屋が作る新世代EV”を投入。新体制方針説明会で垣間見たトヨタの本気

プレスコンファレンスで佐藤恒治社長は、「クルマ屋らしいEVをつくる」と改めて強調し、その強みを、「コンポーネントの小型軽量化を実現し、それを最適なパッケージングにつなげていくこと」と表現した。なるほど、トヨタはこれまでにラダーフレームフレームやモノコックフレーム、FF、FR、MR、4WDと様々なモデルを世に送り出してきただけに、パワートレインやその他パーツの搭載位置の違いにより、車内の広さや走りがどのように変化するかを熟知している。そうした経験をBEVの開発にも活かしていくということだろう。

さらに佐藤社長は、「これからのEVは拡張性高く、ユーザー一人ひとりのニーズに寄り添う形で進化していく」と述べた。これからのクルマは、場面や用途に応じて形を変えたり、ソフトウェアのアップデイトにより、購入後もユーザーの使用環境に沿った進化を遂げたりするようだ。

さて、そうしたビジョンが具体的なカタチとして落とし込まれたコンセプトカーたちを順に見ていこう。

ランドクルーザー Se(エスイー)

ランドクルーザーのBEV版ともいうべきモデルが、モビリティショーで初披露された。それが「ランドクルーザー Se」だ。従来のランクルと異なり、車体骨格にはモノコックボディを採用。低重心かつモーターならではの巨大なトルクを強みに、新しいオフローダーの姿を提案するモデルとなっている。

厚みのあるフロントフェイスにはランクルらしさが見て取れるが、一方で全体的に先進性に溢れるデザインに仕上げられている。例えば、地上高を十分に確保しながらもフロントガラスの傾斜が強く、全高は低めに設計されており、スポーティさを感じさせるプロポーションに仕上げられている。

ボディサイズは全長5,150mm×全幅1,990mm×全高1,705mmで、全高以外はランクル300を凌ぐ大きさ。その広さを活かし、室内は3列シートを備えた7人乗りとなっている。世界中で人気が高く、バリエーションが拡大しているランドクルーザーシリーズだが、将来的にはEV版も加わることになるのは間違いなさそうだ。

>>>次ページ ピックアップやSUVのEVがお披露目

EPU(イーピーユー)

EVの新たなバリエーションとして将来の市販化が期待されるのが、ピックアップのコンセプトカー「EPU」だ。全長5,070mm×全幅1,910mm×全高1,710mmの巨大なボディに、フルサイズドアを4枚備えたダブルキャブ仕様となっており、ファミリーユースにも対応する。

モノコック構造を採用するゆえ、低重進化や低フロア化が実現し、優れた操縦安定性や乗り心地が追求されているとのこと。現行ハイラックスが全長5,320mmという大きさにもかかわらず、国内でも好評を得ている状況を踏まえると、今後はEVピックアップの需要も生まれるかもしれない。

FT-3e

トヨタが新世代バッテリーEVとして提案する2台のコンセプトカー「FT-3e」と「FT-Se」。FT-3eは、クロスオーバーSUVタイプのEVで、シンプルなボディデザインでありながら、タイヤの踏ん張り感をイメージさせる抑揚のあるデザインが特徴。

フロントドアにはデジタルサイネージを内蔵し、ドライバーが近づくとバッテリー残量や車内温度などを表示するという新しい技術が採用されている。ただSUVタイプのEVというだけでなく、将来、クルマと人の関係が近づくことを予感させるコンセプトカーだ。

FT-Se

トヨタブースでひと際存在感を放っていたのは、リアルスポーツのコンセプトモデル「FT-Se」。低重心で空力性能の良さそうなフォルムは、EVスポーツの将来像を予感させる。主要コンポーネントをSUVのFT-3eと共用しながら、ここまでデザインやプロポーションの差別化を図れるのは、EVならではの特長といえるだろう。

さらにソフトウェアのアップデイトにより、“ドライバーと共に育っていくクルマ”が追求されているのも興味を引くところ。たとえばドライバーの運転パターンに合わせて、パワートレインの特性が変化するなど、楽しい想像力を掻き立てるクルマに仕上がっている。

>>>次ページ 拡張性の高さを特徴とするコンセプトモデル

KAYOIBAKO(カヨイバコ)

商用コンパクトワゴンの新たな可能性を提案するコンセプトカーが「KAYOIBAKO」だ。クルマの生産工場で様々な部品を詰め込んで現場を行き来する「通い箱」をネーミングの由来とするこのワンボックスカーは、目的に応じて役割を変えられる拡張性の高さが特徴。

たとえば仕事で輸送業務を行い、プライベートでは趣味やレジャーで使用するなど、1台で何役もこなせる使い勝手の良さが追求されている。

IMV 0(アイエムブイ ゼロ)

IMV 0は、ピックアップのコンセプトモデル。荷台部をボルトとナットで締結可能とすることで、様々なシーンに対応できるようにした。たとえば、コーヒートラックやフードトラックとして。あるいは野菜の直売や、DJブースとして。オーナーのニーズに応じて完成するモビリティの姿が提案されている。

トヨタ自動車は、旧東京モーターショー時代にも、多様なコンセプトモデルやニューモデルを披露し会場を賑わせていたが、第1回目となるジャパンモビリティショーでは、ただ単に出展車数が多いだけでなく、将来のクルマがどんな進化を遂げるのか。そのいくつかの答えを見せてくれているような気がした。ショー会場に足を運べば、そんな未来のクルマの可能性や新たな広まりを実感できるはずだ。

こんな記事も読まれています

ランドクルーザー、WR-V…2023年を賑わせたSUVプレイバック!
ランドクルーザー、WR-V…2023年を賑わせたSUVプレイバック!
グーネット
「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
「小さなランクル」開発中!? ランクル70は早くも“納期2年超え”! トヨタ首脳が暗示した“もっと手に入れやすい”「コンパクトクルーザー」とは?
VAGUE
【スクープ】トヨタのBEV「bz」シリーズの最大級SUV「bZ5X」市販型を大予想!スバルバージョンも登場か!?
【スクープ】トヨタのBEV「bz」シリーズの最大級SUV「bZ5X」市販型を大予想!スバルバージョンも登場か!?
LE VOLANT CARSMEET WEB
日産が新型「6人乗り最上級SUV」実車公開! ド迫力顔&豪華内装が凄い! 新たな3列シートモデルの反響は? 広州で展示
日産が新型「6人乗り最上級SUV」実車公開! ド迫力顔&豪華内装が凄い! 新たな3列シートモデルの反響は? 広州で展示
くるまのニュース
トヨタ新型「和製スポーツカー」実車公開! めちゃ「低く」「ワイド」なフォルムに“熱視線”! 欧州で初展示
トヨタ新型「和製スポーツカー」実車公開! めちゃ「低く」「ワイド」なフォルムに“熱視線”! 欧州で初展示
くるまのニュース
トヨタがヤリスクロスサイズの「新型SUV」を世界初公開! 斬新フェイスに「コの字ライト」採用で24年に発売!? 欧州イベントで展示
トヨタがヤリスクロスサイズの「新型SUV」を世界初公開! 斬新フェイスに「コの字ライト」採用で24年に発売!? 欧州イベントで展示
くるまのニュース
よりガチなオフロード仕様「オーバートレイル」誕生!! GXはランクル250のレクサス版ではなかった!?
よりガチなオフロード仕様「オーバートレイル」誕生!! GXはランクル250のレクサス版ではなかった!?
ベストカーWeb
【トヨタの近未来EV戦略】トヨタが電気自動車攻勢を開始 2026年までに少なくとも6台の電気自動車を投入
【トヨタの近未来EV戦略】トヨタが電気自動車攻勢を開始 2026年までに少なくとも6台の電気自動車を投入
AutoBild Japan
600馬力超え! 全長5m超えの新型「爆速SUV」初披露! 鮮烈イエローが眩しい「エレトレ」実車展示
600馬力超え! 全長5m超えの新型「爆速SUV」初披露! 鮮烈イエローが眩しい「エレトレ」実車展示
くるまのニュース
トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに
トヨタ新型「斬新SUV」公開! 全長4.8m超&「真一文字ライト」採用の新型「FT-3e」欧州で“再”登場! 26年までの商品計画を明らかに
くるまのニュース
えーハイパーアーバン出るの! モビリティショーの日産コンセプトカーは次期ジュークやリーフであることが判明!
えーハイパーアーバン出るの! モビリティショーの日産コンセプトカーは次期ジュークやリーフであることが判明!
ベストカーWeb
ホンダが斬新デザインの新型「SUV」実車展示! コの字ライト&ファストバック採用で迫力凄い! 「N群」を広州で披露
ホンダが斬新デザインの新型「SUV」実車展示! コの字ライト&ファストバック採用で迫力凄い! 「N群」を広州で披露
くるまのニュース
スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー
スポーツ系クロスオーバーと都会派SUVに新風。トヨタがヨーロッパで2台のコンセプトBEVをプレビュー
Webモーターマガジン
トヨタ新型「ランドクルーザー70」リアシートの快適性はどう? タフなクロカン4WDでも気になる後席の居住性! 座り心地を検証
トヨタ新型「ランドクルーザー70」リアシートの快適性はどう? タフなクロカン4WDでも気になる後席の居住性! 座り心地を検証
VAGUE
日産の「豪華オシャレSUV」の内装がスゴい! 「高級ラウンジ内装」採用の先進SUV「アリア」の特徴は?
日産の「豪華オシャレSUV」の内装がスゴい! 「高級ラウンジ内装」採用の先進SUV「アリア」の特徴は?
くるまのニュース
トヨタ新型「ランクル70“軽”」世界初公開! 斬新「軽のランクル」って何? 話題の動画、なぜ誕生?
トヨタ新型「ランクル70“軽”」世界初公開! 斬新「軽のランクル」って何? 話題の動画、なぜ誕生?
くるまのニュース
マツダ「新型ハイパワーSUV」登場! ド迫力1.9m幅のワイドボディ×高性能“四駆”搭載! 新型「CX-50 HEV」中国発売に反響は
マツダ「新型ハイパワーSUV」登場! ド迫力1.9m幅のワイドボディ×高性能“四駆”搭載! 新型「CX-50 HEV」中国発売に反響は
くるまのニュース
【注目モデル試乗】全地球・完全制覇。期待の本格オフローダー、レクサスGXのタフ&ワイルド・フィール
【注目モデル試乗】全地球・完全制覇。期待の本格オフローダー、レクサスGXのタフ&ワイルド・フィール
カー・アンド・ドライバー

みんなのコメント

1件
  • 2021年末に大きく手を広げて「EVやります!!」って何十台も並べてからもう二年たっちゃったのか~ww
    今回のモビリティ―ショーは?コンセプトモデル???

    まあ、頑張ってくださいwww
※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索
ビジョンの買取価格・査定相場を調べる

査定を依頼する

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!
愛車を賢く売却して、購入資金にしませんか?

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで! 登録してお得なクーポンを獲得しよう
マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

ログイン

中古車探しをもっと便利に

  • 中古車お気に入り管理
  • おすすめ中古車の表示

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

379.5万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

-万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

あなたの愛車、今いくら?

複数社の査定額を比較して愛車の最高額を調べよう!

あなたの愛車いまいくら?
メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村