サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 美しきF1マシン:2年半にわたって活躍……日本メーカーのエンジンも載せた:ロータス102

ここから本文です

 本シリーズではかつて、長年にわたって使われ続けたマシンとして、ティレル020を取り上げた。1990年代以降、このティレル020のように複数シーズンにわたって使われ続けたマシンは多くない。とはいえ、ゼロでもない。

 そのうちのもう1台が、ロータス102である。

■美しきF1マシン「2年半にわたって走った”多彩”な経歴を持つ1台」ティレル020

 ロータス102が登場したのは1990年シーズンの開幕戦。前年まで、ロータスのドライバーラインアップはネルソン・ピケと中嶋悟のコンビだったが、この年からはデレック・ワーウィックとマーチン・ドネリーというコンビに一新。エンジンもジャッドV8からランボルギーニV12に変更した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン