サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > GR 86とスバルBRZはどちらが買い? 2台の仕様の違いを気にする必要はあるか

ここから本文です

GR 86とスバルBRZはどちらが買い? 2台の仕様の違いを気にする必要はあるか

外観上の違いはフロントバンパーとヘッドライトぐらい

2021年4月5日、ついに「GR 86」が姿を現しました。2代目86は、トヨタGAZOOレーシングの展開するスポーツカー「GR」シリーズの一員としてGR 86と改名したわけです。

ご存知のように、2012年に誕生した初代「86」はトヨタとスバルの共同プロジェクトとして生まれ、スバルからは「BRZ」という兄弟車が登場しています。今回のオンライン新車発表もBRZとの共同発表会となりました。

その2台の“違い”が少なかったことに驚いたファンも多いかもしれません。2020年秋にBRZが先行して公開されたとき、86に関してはなんの情報も出なかったので、外観イメージが大きく異なるのでは? という憶測も出ましたが、蓋を開けてみると外観で大きく異なるのはフロントバンパーだけ。ヘッドライトもシグネチャーの光らせ方の違いぐらいで、アウトラインは共通です。

アルミ製のルーフ、フード、フロントフェンダーは完全に同一に見えるし、ドアミラーもGR 86がブラック、BRZがボディ同色という違いはあるものの(写真のプロトタイプの場合)、これが車種による違いなのか、グレードによる設定なのかは不明。後ろ姿に至っては車名とブランドエンブレムぐらいしか違いがわかりません。

いじらないで乗るノーマル派は走り味の違いに注目

新型はエンジンのボアを拡大して約400cc大きい2387ccになり、最高出力は235ps/7000rpm、最大トルクは50Nm/3700rpmと向上していますが、当然ながらGR 86とBRZで違いはありません。

とはいえ、走り味はそれぞれ独自に変える、というのは初代から受け継いだ伝統です。新型でもGR 86は「スポーツ性能に特化した、更なる高い次元でのダイレクトで気持ちのいい走り」、対するBRZは「誰もが愉しめる究極のFRピュアスポーツカー」と、コンセプトの違いを見せているのでした。

具体的には、フットワーク系の仕様を変え、エンジンやパワーステアリングの制御でも個性を表現したのだとか。ノーマル至上主義のユーザーは双方の量産モデルが出揃った秋以降に出るメディアの比較インプレッションに注目するべきでしょう。

一方、チューニング前提で乗るのであれば、はっきり言って違いを気にする必要はなさそうです。あえて気にするのであれば、アフターパーツで変えづらいパワステの味つけくらいででしょうか。

アイサイト装備でAT車の魅力が高まっている

結論としては、シンプルにブランドイメージやスタイリングで選べばいい、ということになります。BRZは2021年夏、GR 86は2021年秋と発売時期が異なるので、いち早く手に入れたいのであればBRZになるのかもしれません。

むしろ悩ましいのは6速MTと6速ATのどちらを選ぶかという点。古典的なスポーツドライビングを楽しみたいのであればMT一択と思いがちですが、新型GR 86/BRZでは、AT車にのみアイサイトが標準装備されることになりました。

GR 86/BRZに搭載される機能はプリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロール(ACC)で、レーンキープ機能は備わりませんが、現代的なクルマ選びでは、渋滞にも対応する全車速ACCは最重要ポイントでもあります。ハンドル操作に集中できる2ペダルドライビングは新時代のスポーツカーにふさわしいという見方もできるでしょうし、新型GR 86/BRZのAT比率が高まるのかどうかも注目です。

文:山本晋也(自動車コミュニケータ・コラムニスト)

※写真(撮影:小林俊樹)
GR 86:赤いボディ
スバル BRZ:青いボディ

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します