サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル・ホンダのペレス、複雑なコンディションに苦しみ予選でタイムまとめられず「FP1から進歩がなかった」

ここから本文です

 レッドブル・ホンダのセルジオ・ペレスは、F1第3戦ポルトガルGPの予選をポールポジションのバルテリ・ボッタス(メルセデス)から0.542秒差、チームメイトのマックス・フェルスタッペンから0.144秒差の4番手で終えた。

 グリッド2列目を確保したペレスだが、予選中はバランスを欠いて苦しんでいたようだ。彼はQ1の際、ターン4でスピンする場面もあった。

■F1ポルトガルGP予選:ボッタスがハミルトンを僅差で下しPP。フェルスタッペンはタイム抹消に泣く

 ペレスは予選後に、週末を通しての進歩に納得がいっていないと明かし、快適にマシンを走らせることができていないと語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン