サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】「肩の状態が予想より悪い……」マルケス、セパンテストは“忍耐の時”

ここから本文です

【MotoGP】「肩の状態が予想より悪い……」マルケス、セパンテストは“忍耐の時”

【MotoGP】「肩の状態が予想より悪い……」マルケス、セパンテストは“忍耐の時”


 2019年のMotoGPチャンピオンとなったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。彼は昨年11月のポストシーズンテスト後に、負傷していた右肩の手術を受けた。

 昨年の手術の結果三角筋に衰えがあり、MotoGPバイクを思うようにコントロールできるだけの筋肉量を構築できていないようだ。

■MotoGPセパンテスト初日:クアルタラロが首位発進。ルーキー最上位はマルケス弟

「バイクに乗る前から苦労することは予想していた。でも実際バイクに乗って走ってみると、予想していたよりも悪く感じられたんだ」と、セパンテスト初日を終えたマルケスは語る。

「特にポジションで言うと、コーナーで肘を使うのが難しかった」

「それから徐々に肘を使い始めた。最初の走行はエネルギーがある状態で始めて、1分59秒台のタイムが出た。でも、すぐに(ピット)ボックスに戻った。その時に、ゆっくりと一歩一歩忍耐強く行く必要があると感じたんだ」

 この日、マルケスはテスト初日の目標だったという30~35周を上回る37周を走行。彼はテスト2日目に45周走ることを狙い、最終日まで“生き残る”ことを目指している。

「僕が去年のセパンテストで学んだことは、忍耐強くあること、ラップタイムのことは忘れること、そしてライディングを試して、自分のベストを見つけようとすることだ」

「僕はまだ速く走る準備ができていない。今、仮にレース距離を走るなら、僕は確実に走りきれないだろう。でも明日より感触が良くなって、3日目にはまた良くなるかをどうかを見ていく、これが主な目標なんだ」

「今の僕には忍耐が必要、というのは本当だ。いちばん大事なことは良いベースを見つけることだ。開幕戦カタールはまだ1カ月先で、その前にはテストもある。だから僕らは忍耐強く、そして落ち着いている必要があるんだ」

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します