サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > レジェント・モータージャーナリスト、60年の軌跡

ここから本文です

モータージャーナリストとしての足跡 


岡崎宏司の「クルマ備忘録」連載 第154回

「30年前の未来のクルマ」展で改めて驚いたトヨタ4500GTの素晴らしさ


僕がモータージャーナリストとしての一歩を踏み出したのは1964年。24才の時だ。以後、多くのメディアでお世話になってきたが、今回はその足跡を辿ることにしたい。

初めての原稿を書いたのは、自動車専門誌「ドライバー」。大学を卒業してすぐドライバー編集部に入り、まずは編集者として原稿を書き始めた。ドライバー編集部に入ったのは、特別な思い入れがあったとか、そういうことではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ