サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 引退を”深く考えた”バレンティーノ・ロッシ……でも「VR46で1年”だけ”走るのはリスクが大きすぎる」

ここから本文です
 8月5日(木)、MotoGP界の”生ける伝説”とも言えるバレンティーノ・ロッシが、今シーズン限りで引退することを発表した。ロッシはその決断に至る前には、来季MotoGPにデビューする予定の自身のチーム”VR46”のライダーとして走ることについて「深く考えた」と明かすものの、同チームで1シーズンだけ走るのはリスクが大きすぎると判断……最終的に引退を決断することになったという。

 2021年シーズンのMotoGPが夏休みに入る前、ロッシは今シーズン限りでの引退を示唆するような発言をしていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ