サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT:TOYOTA GAZOO Racing、GRスープラでのGT500参戦体制を発表。6チームの陣容が明らかに

ここから本文です

スーパーGT:TOYOTA GAZOO Racing、GRスープラでのGT500参戦体制を発表。6チームの陣容が明らかに

スーパーGT:TOYOTA GAZOO Racing、GRスープラでのGT500参戦体制を発表。6チームの陣容が明らかに

 TOYOTA GAZOO Racingは2月7日、2020年のモータースポーツ活動計画について発表した。スーパーGT GT500クラスでは、2020年から採用されるトヨタGRスープラが6台参戦することになった。チーム体制の変更に加え、新たにふたりのGT500ルーキードライバーが参戦する。

 2019年に大嶋和也/山下健太組がチャンピオンを獲得し、2020年は新たに導入されるクラス1規定に準拠したトヨタGRスープラで参戦するトヨタ勢。2019年までのレクサスでの参戦から、新たに『TOYOTA GAZOO Racing』としてトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)を通じ6チーム・6台に支援が行われる。

スーパー耐久:モリゾウも加わるROOKIE RACING、2020年はGRスープラ、GRヤリスの2台体制へ拡充

 チーム体制は、全チームが『TGR TEAM~』という名称となるが、新たにカーナンバー『14』をつけるTGR TEAM WAKO'S ROOKIEが参戦することになり、新たに大嶋と坪井翔が加入する。38号車TGR TEAM ZENT CERUMOは立川祐路/石浦宏明という開発も務めるふたりが残留した。

 一方、今季はふたりのルーキードライバーがGT500フル参戦デビューを果たすことになった。坪井が移籍した19号車TGR TEAM WedsSport BANDOHには、2019年もスポットでGT500ドライブを果たした宮田莉朋が加入。国本雄資とコンビを組む。また、36号車TGR TEAM au TOM'Sには、WECとスケジュールがバッティングする中嶋一貴に代わり、2019年の全日本F3選手権王者のサッシャ・フェネストラズが加入。スーパーフォーミュラとともに、トヨタ陣営に入ることになった。

 同じく今季も36号車と2台体制となる37号車TGR TEAM KeePer TOM'Sは、平川亮とニック・キャシディの2017年チャンピオンコンビが継続。また、39号車TGR TEAM SARDもヘイキ・コバライネンと中山雄一のコンビを継続して参戦することになった。

 ふたりのルーキーが参戦、チーム体制も変更されたとは言え、新車を導入する年だけにどちらかといえば体制堅持が多い印象のトヨタ勢。オフのテストでは順調なところをみせているだけに、GRスープラデビューイヤーでのチャンピオン獲得を狙っている。

TOYOTA GAZOO Racing
2020年スーパーGT GT500クラス GRスープラ使用チーム参戦体制
NoTeamCar NameDriverTyre14TGR TEAM WAKO'S ROOKIEWAKO'S 4CR GR Supra大嶋和也/坪井翔BS19TGR TEAM WedsSport BANDOHWedsSport ADVAN GR Supra国本雄資/宮田莉朋YH36TGR TEAM au TOM'Sau TOM'S GR Supra関口雄飛/サッシャ・フェネストラズBS37TGR TEAM KeePer TOM'SKeePer TOM'S GR Supra平川亮/ニック・キャシディBS38TGR TEAM ZENT CERUMOZENT GR Supra立川祐路/石浦宏明BS39TGR TEAM SARDDENSO KOBELCO SARD GR Supraヘイキ・コバライネン/中山雄一BS


おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します