サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【大迫力ピックアップ】北米新型トヨタ・タンドラ ランクル/ハイラックス人気で日本でも成功?

ここから本文です

【大迫力ピックアップ】北米新型トヨタ・タンドラ ランクル/ハイラックス人気で日本でも成功?

14年ぶりフルモデルチェンジ

執筆:Kenji Momota(桃田健史)

【画像】タンドラ日本上陸なるか【ランクル/ハイラックスと比較】 全69枚

編集:Taro Ueno(上野太朗)

トヨタが2021年9月19日、アメリカで新型タンドラを発表した。

そのデザインは強烈な個性があり、また新規導入されたV6ツインターボエンジン、さらには新設計のハイブリッドシステムなど「ランクル級」と思えるような要素が満載だ。

タンドラは今回、2007年の2代目登場から実に14年ぶりとなるフルモデルチェンジである。

外観の特徴は、なんといっても強烈な押し出し感のある超大型フロントグリルだ。

細目のLEDライトとのバランス感から近未来をイメージするようなデザインテイストである。

サイドビューでは、彫りの深さが目立つ。前後のホイールアーチの上部に深みを持たせることで、ボディ全体のガッシリ感が強調されている。

ドア部にも強い切れ込みがあることで重厚感とギア感が両立している。リアビューでは、縦型でしかも大きなリアコンビライトが存在感を主張する。

初代、そして二代目と、タンドラのデザインテイストは万人向けのニュートラル感があった。

だが、時代はいま、自動車産業界はCASE(コネクテッド、自動運転、シェアリングなどの新サービス、電動化)による大きな変化の真っ只中だ。

トヨタとしては新世代の北米事業を牽引する主役級として、タンドラへ期待をかけていることがデザインからも理解できる。

新世代感はインテリアでも感じ取れる。

最先端のIT技術をフル装備

横方向に貫き、さらにコックピット感が増した新型タンドラのインテリア。

トヨタはこれを、「テクニカル・マッスル」と称する。

その名のとおり、筋肉質のような厚みのある重厚感と最新IT技術が融合した独自の世界感を演出している。

そのために、HMI(ヒューマンマシンインターフェイス)の最適化を図り、タッチスクリーンを主体としたまったく新しいデザインとして発想した。

ダッシュボード中央にある大型ディスプレイは、ベース仕様が8インチでオプションで14インチに拡張できる。

アメリカでは広く普及している、スマートフォンと車載器が連携するシステムである、

アップル・カープレイとグーグル・アンドロイドオートへの対応は当然のことだ。

さらに、ナビゲーションシステムなどのデータ最新化のためにテスラなどが積極的に採用しているクラウド経由でのデータ書き換え手法のOTA(オン・ザ・エア)も装備している。

見た目はピックアップトラックでもクルマとしては最新の次世代車だといえる。

では、気になる走りはどう変化したのか?

なんといっても注目されるのは、ランドクルーザーにも採用されている新型エンジンのパフォーマンスである。

パワートレインはランクル共通?

新型タントラに搭載されるパワーユニットは2つ。

ベースモデルが、排気量3.5L V型6気筒ツインターボだ。

今回発表された内容ではエンジン型式の表記はないが、排気量3445cc(日本では四捨五入の方法の違いにより3444cc)で、ボア85.5mm×ストロール100mmとあるため、新型ランドクルーザー(300系)で採用しているV35A-FTS型だと考えるのが妥当だ。

最大出力は、ランドクルーザーが415psなのに対して、タンドラのベースモデルは389psとして出力やトルクの特性をピックアップトラック向けに振り分けているようだ。

さらに、i-FORCE MAXと呼ぶハイパワー仕様(437ps)がある。これが注目のハイブリッドだ。

V35A-FTSをベースに、10速ATとの間にモーター・ジェネレーターを装着するタイプで低速でのEVモード走行も可能だ。

ランドクルーザーにも近年中にハイブリッド車がラインナップされるが、ベースエンジンがタンドラと共通であることから、今回タンドラが採用したハイブリッドシステムを採用する可能性が高い。

また、タンドラには急な坂道などで低速で車速を自動コントロールするクロール機能が備わるなどタンドラがランドクルーザーで培った技術を採用しており、2モデルの相互連携が実現しているといえる。

そんなタンドラ、日本でも人気が出そうだ。

日本でも需要あり? 日本上陸期待

日本の街中でも、ごく稀にタンドラ北米仕様の並行輸入車を見かけることがある。

3代目タンドラは2021年後半に北米発売が始まるが、日本でも需要は高くなりそうだ。

その背景には2つの理由がある。

1つは、ランドクルーザー300系の4年持ちとも5年待ちともいわれる納期だ。

ランドクルーザー納車が待ちきれない人たちにとって、新型タンドラは現地価格に対して輸入コストが多少かかっても選択肢の1つに成り得るだろう。

もう1つは、ハイラックスからのステップアップ組だ。

近年のアウトドアブームなどで日本でもハイラックス需要が高まっている。

ハイラックスは東南アジア、中近東、南米、アフリカなどを主な仕向け地としたミドルサイズピックアップトラックだ。

北米では、このクラスにタコマがあるが、日本でのハイラックスユーザーにとってはランドクルーザー級の最新装備を誇り、さらに電動化トレンドの中でハイブリッド車もあるタンドラに注目するのは当然だろう。

ハイラックスがタイ生産の輸入車であることを考えると、米テキサス州生産のタンドラが日本に正規輸入されるという可能性はなくもない……。

ただし、タイは右ハンドル車であるが、テキサス工場で日本仕様の右ハンドル車を造ることになる。

いずれにしても、日本でもタンドラ人気が高まりそうだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します