サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【分析】レッドブル、“ポストホンダ時代”に向け見通し良好か。新会社設立で柔軟性も確保

ここから本文です
 2月23日、レッドブルは2021年用マシン『RB16B』を発表した。リヤウイングに大きく『HONDA』のロゴがあしらわれたこのマシンで、レッドブル・ホンダは“最後のシーズン”へと挑む。

 先日行なわれたF1委員会の会議において、2022年以降のパワーユニット(PU)開発凍結が合意に達した。2021年限りでF1活動を終了するホンダのPUを2022年以降も継続使用したいと考えていたレッドブルにとって、これは朗報だった。結果的にレッドブルは2月15日、『レッドブル・パワートレインズ』という新会社を設立し、2022年からホンダ製PUを引き継いで自社で運用していくことを発表した。

おすすめのニュース

サイトトップへ