サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ケビンの父ヤン・マグヌッセン今も元気! コルベットでWECのCOTA&セブリング参戦

ここから本文です

ケビンの父ヤン・マグヌッセン今も元気! コルベットでWECのCOTA&セブリング参戦

ケビンの父ヤン・マグヌッセン今も元気! コルベットでWECのCOTA&セブリング参戦

 WEC(世界耐久選手権)に参戦するコルベット・レーシングは、COTA6時間レースおよびセブリング1000マイルレースで、ヤン・マグヌッセンとマイク・ロッケンフェラーを起用することを発表した。

 ハースF1チームのドライバーであるケビン・マグヌッセンの父ヤン・マグヌッセンは、最近ではIMSAやル・マン24時間レースでコルベットを走らせる主力ドライバーのひとりだった。しかし、2019年末にジョーダン・テイラーと入れ替わる形で、同チームのシートを失うことになっていた。

■マツダ、待望のル・マン復帰が現実味? LMDhクラス導入は”絶好の機会”となるか

 同様に、アウディのファクトリードライバーでもあるロッケンフェラーは、2016年からIMSAのコルベットドライバーの常連であり、DTMでアウディのマシンを走らせるとともに、過去2年にわたってル・マン24時間でコルベットを走らせた。

 しかし、今年のル・マンはDTMのアンデルストープ戦と日程が重複しているため、ロッケンフェラーは参戦を断念。WTCRなどで活躍したニッキー・キャッツバーグが後任を務めることになった。

 ただコルベットは、今月末に行なわれるWECのCOTA戦、そして来月のセブリング戦にスポット参戦するにあたり、ふたりのドライバーを起用することを明らかにした。

 マグヌッセンはTwitterに次のようなコメントを投稿している。

「COTAとセブリングで、チーム・シェルビーに戻り、ミッドエンジンのコルベットC8.Rを再びドライブできることになり、とても嬉しい」

「初期のテストでも、C8.Rのエンジニアリングとパフォーマンスのレベルには、非常に感銘を受けた。今、そしてレースで、再びこのマシンをドライブできることにとても興奮している」

 なおWECのセブリング戦は、IMSAのセブリング12時間が行なわれる前日に同地でレース開催が予定されている。コルベットは今回マグヌッセンとロッケンフェラーを招集したことで、同チームのドライバーが2日続けて過酷なレースに挑むという状況を避けられることになる。

 ミッドエンジンのコルベットC8.Rは、2020年のIMSA開幕戦であるデイトナ24時間でレースデビューを果たした。テイラー、アントニオ・ガルシア、キャッツバーグのトリオが走らせた3号車は、GTル・マンクラスで4位。オリバー・ギャビン、トミー・ミルナー、マルセル・ファスラーの4号車は、オイル漏れによって大きくタイムロスし、7位に終わっている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します