サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ただでは倒れない。平川亮、タイヤ戦略もハマり16番手スタートから7位入賞「他と違うことをやるしかなかった」|スーパーフォーミュラ第5戦

ここから本文です

 スポーツランドSUGOで行なわれたスーパーフォーミュラ第5戦。ポイントランキング2番手でこのレースを迎えた平川亮(carenex TEAM IMPUL)は、16番手スタートながら9つポジションを上げて7位でフィニッシュした。

 まさに平川らしい、IMPULらしいレースだったように思えた。平川はスタートで12番手までポジションを上げると、セーフティカーラン中のピットウインドウオープンと共に多くのマシンがピットインする中でステイアウトを選択し、3番手を走行した。

■来日4年目、フェネストラズが悲願のスーパーフォーミュラ初優勝。タイトル争い“第3の男”に?|第5戦SUGO

 平川は53周のレースの40周目(レース残り時間11分)というタイミングでピットイン。

おすすめのニュース

サイトトップへ

関連サービス

メールマガジン メールマガジン