サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ペレスとの接触で「マシン全体が弾んだ」とノリス。スロットルから足が外れたと明かす/F1第13戦

ここから本文です

 マクラーレンのランド・ノリスは、F1第13戦オランダGPの終盤にセルジオ・ペレス(マクラーレン)と小競り合いをしていたが、彼に楽をさせる理由はなかったと語った。

 ピットレーンからスタートしたペレスは、後方からトップ10圏内へと追い上げた。ペレスはこの驚くべき奮闘のおかげで、ファンからドライバー・オブ・ザ・デイに選ばれた。

ロス・ブラウン、“完璧なレースをした”アロンソがドライバー・オブ・ザ・デイだったと語る/F1第13戦

 そしてチェッカーフラッグまで7周のところでペレスはノリスに追いつき、ふたりの間で9番手争いが繰り広げられることになった。ペレスはノリスをザントフォールトのターン1で外側からオーバーテイクしたが、コーナー出口でふたりはホイールをロックさせた。

おすすめのニュース

サイトトップへ