サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【スーパーGT】昨年僅か2ポイントから、GRスープラに切り替え大躍進の60号車。しかし吉本「もっと強くならなきゃいけない」

ここから本文です

 2021年のスーパーGT最終戦富士300kmレースのGT300クラスを制したのは、#60 SYNTIUM LMcorsa GR Supra GTの吉本大樹/河野駿佑組だった。60号車は5月の第2戦(富士スピードウェイ)に続く2勝目となり、ランキング3位でシーズンを終えた。

 この結果について吉本は、勝った2戦ともトップの車両が脱落しての優勝だったこともあり、「僕らはまだまだ強くなっていかなきゃいけない」と気を引き締めた。

■スーパーGT第8戦富士|決勝レポート(GT300):61号車スバルBRZ悲願の王者に輝く。60号車GRスープラが今季2勝目

 60号車は3番グリッドから決勝レースをスタート。第1スティントでは河野がドライブを担当し、レース序盤に2番手に浮上。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ