サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > F1イギリスGP最終ラップでパンクのハミルトン、原因はコース上の破片?「僕のタイヤ管理は完璧だったのに……」

ここから本文です
 F1第4戦イギリスGPでトップを快走していたルイス・ハミルトン(メルセデス)だが、母国GPでの7勝目を確実にしたかと思われていた最終ラップで突如左フロントタイヤが音を上げた。パンクしたタイヤを引きずりながらなんとか3輪でチェッカーを受けたハミルトンは、F1の歴史の中でも最も印象的な形でフィニッシュした。

 ハミルトンはコントロールラインにたどり着けるかハラハラしていたようで、「心臓が止まるかと思った」とレース後にコメントしていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ