サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】初日23番手の中上貴晶「厳しいセッションだった。ドライセッションに向けて準備をしたい」|エミリア・ロマーニャGP

ここから本文です

 ミサノ・サーキットで開催されているMotoGP第16戦エミリア・ロマーニャGP。その初日は雨に見舞われ、FP1とFP2はともにウエットコンディションでの走行となったが、LCRホンダの中上貴晶は苦戦し、総合23番手タイムに留まった。

 中上はFP1では22番手、FP2では23番手タイム。FP1からFP2にかけてはタイムは改善したものの、周囲のタイムアップについていけるだけのものではなかった。

■MotoGPエミリアロマーニャFP2:ジャック・ミラー、濡れた路面で速さ際立つ。クアルタラロ苦戦16番手

 初日の走りを振り返った中上は、FP2は終盤に走行ラインが乾いていく難しい状況だったと説明。天候の回復が予想されている2日目以降に向けて、準備を進めたいと語った。

おすすめのニュース

サイトトップへ