サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 2020年のF1、411億円の損失を計上。新型コロナウイルスの影響

ここから本文です

 2月26日(金)、リバティ・メディアはF1の2020年シーズンの収支結果を報告。F1の収入が前年比で44%減少し、合計3億8600万ドル(約411億円)の損失が出たことが明らかになった。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で、2020年のF1は開幕が7月にずれ込み、レース開催数も全17戦に削減された。さらにほとんどのレースが無観客で行なわれたため、プロモーターが支払う開催権料の合計は当初取り決められていた額よりも大幅に削減されることになった。

■「1戦逃すと“2億円”の損失」アルファタウリ代表、F1再開遅れは危機的状況招くと警鐘

 その結果、2020年のF1の収益は11億4500万ドル(約1220億円)となった。

おすすめのニュース

サイトトップへ