サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル10位「誰とも戦うことができず、自信が低下している」フェラーリ【F1第4戦決勝】

ここから本文です

 2020年F1イギリスGP決勝で、フェラーリのセバスチャン・ベッテルは10位だった。

 10番グリッドからソフトタイヤでスタート、セーフティカー出動時の12周目にハードに交換して、52周のレースを走り切った。序盤は10番手を走り、中盤11番手、終盤12番手に落ちた後、バルテリ・ボッタス(メルセデス)とカルロス・サインツJr.(マクラーレン)がタイヤトラブルに見舞われたことで、ファイナルラップに入賞圏内に復帰した。

ルクレール、今季2回目の表彰台「運がよかっただけじゃない」フェラーリ【F1第4戦決勝】

■スクーデリア・フェラーリ
セバスチャン・ベッテル 決勝=10番手
 とても難しいレースだった。誰とも戦えなかったんだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ