サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ウイリアムズFW44、真のポテンシャル示せてない説。「予選低迷で隠されている」とチームCEO

ここから本文です

 ウイリアムズF1は2022年シーズンの序盤5戦を終えて3ポイントを獲得している。これまでのレースを振り返り、チームCEOのヨースト・カピトは予選で後方に沈んでいることで真のポテンシャルが隠されてしまっていると話した。

 直近に行なわれた第5戦マイアミGPで、ウイリアムズはアレクサンダー・アルボンが10番手フィニッシュし、他ドライバーへのペナルティにより9位入賞。このレースでは18番グリッドから、見事な追い上げを見せた。

■ルクレール、モナコで痛恨クラッシュ! デモランで1974年のマシン『312B3』がダメージ

 アルボンはこれまで、予選では運に恵まれていないことも多い。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン