サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ベッテル、フェラーリF1離脱の経緯を語る「チームからのオファーはなし。契約を延長するつもりはないと言われ驚いた」

ここから本文です

 セバスチャン・ベッテルが、F1オーストリアGPを前にした木曜、レッドブルリンクにおいて、フェラーリ離脱が決まった経緯を語った。

 5月12日、フェラーリとベッテルは、2020年末までの現契約期間終了後、契約を更新しないことを発表した。その後、フェラーリは後任としてカルロス・サインツJr.と契約、サインツが抜けるマクラーレンのシートには2021年にダニエル・リカルドが就くことも決定した。

フェラーリF1「最速ではない」SF1000の開発方向性を変更。アップデート導入は第3戦ハンガリーに

 フェラーリはベッテルに、サラリーを大幅に減額した1年契約のみをオファーし、ベッテルがそれを受け入れなかったという説もささやかれていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン