サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > WRC:2020年に向けて残るシートはMスポーツのみ。ラトバラやミークなど8名が競合か

ここから本文です

 1月に開幕を迎える2020年のWRC世界ラリー選手権。シトロエンの撤退により、2020年はワークスシートがふたつ減る上、すでにヒュンダイとトヨタが体制を確定させているため、残るシートはMスポーツ・フォードのみとなっている。

 2019年のWRCにはヒュンダイとTOYOTA GAZOO Racingが3台体制、Mスポーツ・フォードとシトロエンが2台体制を軸に参戦してきた。

WRC:ラトバラ、2020年スポット参戦計画。Mスポーツは10年以上在籍したエバンスに「これからも家族」

 このうちシトロエンは本年限りでWRCから撤退。ヒュンダイはティエリー・ヌービル、オット・タナク、ダニ・ソルド、セバスチャン・ローブの4名を起用することを発表済みだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ