サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > フェラーリF1がベッテルに大幅なサラリー減額を提示との報道。離脱の場合の2021年後任候補は3人か

ここから本文です
 フェラーリとセバスチャン・ベッテルが2021年以降の契約について交渉を始めたが、フェラーリ側が提示した条件がよいものではなかったとイタリアメディアが伝えている。

 ベッテルはレッドブルで4度タイトルを獲得した後、2015年にフェラーリに加入、両者の現在の契約は2020年末までとなっている。新型コロナウイルス感染拡大の影響でシーズン開始が延期されているなか、来季に向けた契約に関する交渉がスタートしたと、Sky Italiaが伝えた。

おすすめのニュース

サイトトップへ