サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「8時間だっていうメモを見落としてたんだろう?」ブルーノ・セナ、スタート直後の事故でジネッタを非難|WECバーレーン8時間

ここから本文です

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれているWEC(FIA世界耐久選手権)第4戦バーレーン8時間レースは、スタート直後から波乱の展開となった。

 ポールポジションからスタートした1号車レベリオン・レーシングは、ブルーノ・セナがドライブ。一方2番グリッドの5号車ジネッタは、チャーリー・ロバートソンがステアリングを握り、8時間レースへと漕ぎ出していった。

【動画】WEC第4戦バーレーン8時間:スタート直後のクラッシュ

 しかしスタート直後のターン2で、ロバートソンがセナのイン側を狙った。しかしロバートソンはグリップを失ってスピン。1号車レベリオンと共にコースオフしてしまった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン