現在位置: > > > > 結局、日産はルノーと経営統合するのは当然の流れ...

『結局、日産はルノーと経営統合するのは当然の流れ...』:ルノー

解決済み結局、日産はルノーと経営統合するのは当然の流れですか? 日本の検察は 最初、 日産がルノーに経営統合されるのを防ぐ目的で カルロス・ゴーンを逮捕したんでしょ?

結局、日産はルノーと経営統合するのは当然の流れですか?

日本の検察は
最初、
日産がルノーに経営統合されるのを防ぐ目的で
カルロス・ゴーンを逮捕したんでしょ?でも、検察は
カルロス・ゴーンがレバノンに逃亡してしまったので
もう有罪にもっていけなくなった。

もう検察はここで退場でしょ?


検察のいなくなった日産は
今後、どうするの?

補足
ゴーン氏は必ず「次の手」を打ってくる
日本政府が決して放置してはならない理由
1/10(金) 21:30配信


ゴーン氏自身の「リバイバルプラン」が始まった?

1月8日にレバノンで行われたカルロス・ゴーン氏の会見には
日本のみならず世界中のメディアが集まった。

自身の問題を棚に上げ、日本の司法制度を糾弾した内容には
賛否が飛び交っているが、世界の注目を集めたことは紛れもない事実だ。


だが「これだけで終わるとは考えないほうがいい」と指摘するのは
著書『「名経営者」はどこで間違ったのか ゴーンと日産20年の光と影』
でゴーン氏の行動原理を解き明かした法木秀雄氏
(元日産自動車北米副社長・早稲田大学ビジネススクール元教授)だ。


それはどういうことなのか。

法木氏にうかがった。


世界中の「一般人」の心を掴んだゴーン氏

1月8日にレバノンで行われたゴーン氏の会見を見てつくづく思ったのは
「昔の自信たっぷりのゴーン氏に戻ったな」ということだった。

身振り手振りを交え、言いたいことを一方的に発信する姿はまさに
日産をV字回復させ、名経営者と呼ばれたころの彼の姿そのものだ。



https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200110-00010001-php_t-bus_all

ベストアンサーに選ばれた回答

司法の独立性で言えば日本の評判ははっきり言って芳しくない。経産省や官邸が背後にいる日産と争ってもゴーンは勝てる筈が無く、座して死を待つよりは逃亡と言う手段を選んだのだろう。。この辺の判断と言うか切り札の切り方は如何にもゴーンらしく、検察も日産も地団駄踏んでいるだろうねw

方や日産の方だけど・・もうこっちはどうにもならない。。
日産の根本的問題は収益性云々と言うより、技術力とブランド力の低下にあり、これが企業価値そのものを引き下げている。。

にも拘らず新経営陣がまずやった事は・・収益を圧迫しているインセンティブの大幅減額で、これ、ブランド力が落ちている時にこんな事したらどうなるか・・結果はサルでも分かる。

こんな経営陣の元で回復など出来る筈もなく、日産はさっさとルノーと統合していた方がマシだったとさえ感じる。。

日産は経営が良かったから発言力も価値もあった訳で、赤字に転落したら見向きもされなくなる。。そして肝心のルノーもFCAとの統合が破談となり暗雲が垂れ込めている。万一ルノーが傾くような事が有れば、日産は間違いなく売却となるけど、果たしてそうなった場合、芙蓉グループで買戻しが出来るのか・・中国傘下なんてのも現実性が帯びてくるね。。

回答一覧

8件中1~8件を表示

  • もうルノーは、日産の救済をあきらめました、ですので日産はかつての勢いを取り戻すことなく、他のアジアの隣国自動車会社の傘下になるか、もしくは、なくなるかの2択だと思います。

    日産の株は、値段のあるうちに売って。シティ建設の計画があるトヨタの株を今の内に買いましょう、多分トヨタ株はすごい上がる事になると思います。

  • ルノーによる日産の経営統合は、容易にはできないと思います。

    理由は、ルノーの筆頭株主であるフランス政府による経営介入の度が過ぎるからです。日本政府はフランス政府に対して、ルノー・日産・三菱アライアンスへの支持を表明しつつ、過度な経営介入は慎むよう牽制しています。日産の経営統合がフランス政府の意向で強行されるような動きがあれば、妨害工作に出るでしょう。

    ルノーは事実上の国営企業であり、マクロン政権からフランス国内での雇用創出を求められるなど、政治の道具に使われています。1つの象徴的な事例ですが、日産の新型マイクラ(日本では未発売)は、フランス国内のルノーの工場で生産されています。

    FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)がルノーへ経営統合を持ちかけた際にもフランス政府が介入し、それを嫌ったFCA側の意向で破談となり、FCAはPSA(プジョーシトロエン)との対等合併を選択しました。

    ルノーが経営体質を変えないまま日産の経営統合に走り、日本政府が容認するとしたら、日産は日本政府から完全に見捨てられたことになります。日産がこのままタコな経営を続けて相当に弱体化すれば、その可能性もゼロではないですが、今すぐどうこうはないと思います。

    AFP:日仏首脳、日産・ルノー連合支持を表明 ゴーン容疑者逮捕でも
    https://www.afpbb.com/articles/-/3222247

    産経新聞:世耕経産相、日産人事「政府が口を出すべきではない」 仏との相違浮き彫りに
    https://www.sankei.com/economy/news/181127/ecn1811270015-n1.html

    ロイター:FCA、ルノーへの統合提案取り下げ 「仏政治情勢」理由に
    https://jp.reuters.com/article/fca-renault-withdrawal-idJPKCN1T62YA

    ロイター:コラム:マクロン仏大統領の口出し、日産・ルノーには「逆効果」
    https://jp.reuters.com/article/macron-nissan-breakingviews-idJPKCN1TS0DX

    Response:日産 マイクラ 新型、ルノーのフランス工場で生産開始
    https://response.jp/article/2017/01/30/289577.html

  • いや!

    ルノーによる吸収合併の
    防波堤がゴーン氏だったのです

    堰を失った日産は、
    ルノーに飲み込まれるのが必然です

  • ゴーンはもう関係ないですね。

    ルノーもフランス政府も、ゴーンはとっくに切り捨てていますから。フランス政府は、結婚式の費用とかをルノーと日産のジョイント会社から不正支出させたとして、ゴーンを訴追するようですし。

    日産とルノーについては分かりません。
    民間企業同士の成り行きなんて、内部にいても分からないのに、外部だと全く分かりません。

  • 日産とルノーの関係の行く先はだれも想像できません。

    ゴーン被告が逮捕され、また逃亡してもあまり関係はないと思います。

    会社の提携や統合は、先ず金銭的な繋がり、経済性の問題、技術協力の問題等色々な要素がありますし、単なる提携なのか、経営統合なのか、完全下請け会社になるのかにもよります。
    元来三菱も含めて3社の問題であったはずですが、いずれも協力し合っても良い方になるとは思えませんし、足の引っ張り合いになりそうです。

    ゴーン被告は日本人では出来ない非情な首切りや工場閉鎖で倒産を先延ばしをしましたが、人材不足や技術不足で、日産を大変な現状にしてしまったのは犯罪にはならんくても大罪です。

    ホンダが日産と連合なんてあり得ないバカ話をする人が居ますが、提携して他社に頼ると、1社がこければ、全部こます。いつまでも他企業に頼らなくてもやって行ける技術力と経済力があり最後まで生き残るのはトヨタとホンダしかありません。

    ホンダが日産と提携しても何一つメリットは無く、お荷物を抱え込むだけですから、そんな馬鹿な事は間違ってもない事は子供でも分かりそうです。

    日産も・・と言われていましたが、現状のゴタゴタ、まともな首脳陣、リーダーが居ない、不正と虚偽が収まらず、リコール解決のめどもない、売れ筋の中で年数の経ち過ぎたノート、マーチ、キューブ等の新型車の発売めどすらない、自動運転だ、ナンとかビューだとおまけの玩具でごまかしていては先は見えません。

    ホンダの方はフィットの新型も注目の的ですし、ホンダeという電気自動車の発売も決まっていて、既にヨーロッパでは先行注文が殺到していますから、電気自動車と言えば日産だったのが、ホンダとトヨタにとって代わるのも時間の問題です。

  • しないのでは

  • 日産グループは、ホンダを編入して、
    ・・・「非トヨタ連合を結成」と云う構想が、
    ・・・・・・・現実味を帯びてきてるの知らないの??


    現状、ホンダは、「危機的状態」なんだけど。


    ▽......▽......▽......▽......▽......▽......▽......▽......▽......▽......▽


    日産など3社+ホンダで「非トヨタ連合」結成? 自動車業界再編か ...
    https://dot.asahi.com › 週刊朝日 › 経済総合
    2019/03/02 - カルロス・ゴーン前会長を“追放”した日産自動車。仏ルノーとの関係や北米事業の不振など、先行き不透明な課題が多く、ルノー・三菱自動車との3社連合は「弱者連合」になる恐れがある。業績悪化のホンダも加わり、4社による「非トヨタ連合」 ...



    「ホンダ・日産」連合は誕生するか、トヨタ一強に挑むウルトラC ...
    https://diamond.jp › ビジネス › ホンダの死闘 四輪赤字
    2019/10/18 - マツダ、スズキ、SUBARUを従えたトヨタ自動車は、日本の自動車業界では向かう所敵なしに映る。 ... 特集「ホンダの死闘 四輪赤字」(全6回)の♯5では、ホンダと日産が統合した場合のシミュレーションをしてみた。 ... 強力な中央集権体制でグループの引き締めと競合との味方づくりを急ぐトヨタ自動車や、ゴーンショック以降“炎上中”の日産自動車に比べて、業界内での影が ... 責任者)にアシュワニ・グプタ・三菱自動車COO(49歳)、ナンバー3の副COOに関純・専務執行役員(58歳)が就くというものだ。



    非トヨタ連合に関するQ&A - Yahoo!知恵袋
    https://chiebukuro.yahoo.co.jp › tag › tags › tag=非トヨタ連合
    「非トヨタ連合」タグが付いているQ&Aの一覧ページです。「非トヨタ連合」に関連する疑問をYahoo!知恵袋で解消しよう! ... 日産など3社+ホンダで「非トヨタ連合」結成? ... ホンダの「終わりの始まり」って感じ・・ ホンダは、日産グループに編入される構想. ... 付き合って2ヶ月目頃に私と付き合う前に合コンで知り合い好きになってしまった男性に誘われて付き合えると思ってワンナイトしてしまった事ある事実を告げられました。 そのこと ...


    △......△......△......△......△......△......△......△......△......△......△

  • 裁判を受けていれば無罪になる可能性もあったゴーンが、不正な国外脱出をするという明白な犯罪者になったことで、むしろ経営統合される可能性は減ったんじゃないでしょうか。

8件中1~8件を表示

「みんなの質問」はYahoo!知恵袋の「自動車」カテゴリとデータを共有しています。
質問や回答、投票はYahoo!知恵袋で行えます。質問にはYahoo!知恵袋の利用登録が必要です。

ダイハツ ロッキ― 新自由SUVだからこそ広がる世界がある

新型ヤリスとRAV4 北海道の冬にはトヨタのハイブリッド 4WDがある!

オールシーズンタイヤ 3選で雪道を走ってみた

愛車の買取相場知るなら買取カービュー

pitte

車検予約・料金比較は、カービュークリア車検

ニュース・新車・中古価格をメーカー毎にまとめてチェック!!

マイカー登録はこちら

10年落ちの車は、売値がつかない? 現在価格をチェック!
carview!の最新情報をチェック!
Facebook
carview!公式Facebook
最新のクルマ情報をお届けするcarview!オフィシャルページ(外部サイト)

Twitter
carview!公式Twitter
carview!の中の人がクルマ情報をつぶやく公式アカウント(外部サイト)