現在位置:carview! > A4 キーワード検索結果一覧

ここから本文です
carview!検索内から

約 774

  • ヒュンダイの高級部門 ジェネシスG70 A4/3シリーズ/Cクラスの対抗 ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20171130-10278423-carview/
    2017年11月30日 ... ヒュンダイ流 ドイツ「御三家」との戦い方ジェネシスの最新モデルG70が初披露された。 ヒュンダイの新生ラグジュアリー・ブランドで、2017年末からアウディ、BMW、 インフィニティ、ジャガー、レクサス、メルセデス・ベンツといったプレミアム・ブランドに 戦いを挑む。L.
  • アウディ コネクトに「セーフティ&サービス」機能を追加(オートプルーブ ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170112-10258201-carview/
    2017年1月16日 ... アウディジャパンは、車内でのインターネット接続を可能とし、ドライバーに適切な情報 提供を行う機能 Audi connect(アウディコネクト)に、新機能「セーフティ&サービス」を 追加。2017年1月16日より発売されるA4A4アバント、A4オールロード、そし.
  • アウディ 最新の運転支援システムの標準装備などA3シリーズを大幅改良 ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170129-10259395-carview/
    2017年2月1日 ... 2017年1月26日、アウディ・ジャパンはプレミアムコンパクトカーのA3スポーツバック/ セダン、スポーツ仕様のS3スポーツバック/セダンを大幅に改良し、同日から発売を開始 した。 A3/S3スポーツバックは2013年9月以来3年4か月振り、A3/S3セダンは2014年1 月の初導入以来の商品改良となる。この新型モデルはA4シリーズから採用されている 先進運転支援システム、コネクティビティなどを充実。さらに最新エンジンや トランスミッションも導入し、走り、燃費、安全性を大幅に高めている。(オートプルーブ).
  • 4代目アウディRS4 フランクフルトで登場 2.9ℓV6、出力増も燃費改良 ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170912-10272467-carview/
    2017年9月12日 ... もくじー 2.9ℓV6、先代の17.3kg-m増しー 車高、A4のスポーツサスより7mm低くー シート/ステアリング、RS専用品ー さらに4枚の画像を見る2.9ℓV6、先代の17.3kg-m 増し現行アウディA4の「RS版」が、こちらのRS4。ポルシェとアウディ.
  • 300万円台からはじめる輸入車 認定中古車でおいしく輸入車に乗ろう ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170913-10272519-carview/
    2017年9月13日 ... 自動車メディアからはベンチマークとしていつの時代も取り扱われるドイツ御三家。その なかでもメルセデスCクラス、BMW3シリーズ、アウディA4という"Dセグメント"と呼ばれる 部類のセダンたちは、その走り、実用性などから日本でも多大な人気を誇ります。しかし 、輸入車はお値段高めというのはクルマ好きならずとも知っている知識。そこで今回はお 得に新車"並"のDセグメントのセダンにお得に乗ってしまおうという企画です。でも壊れる のは心配だし、車検もお金かかるんでしょ? そんな不安を一気に ...
  • 新型アウディA8 「実車」画像ギャラリー ロングホイールベース車も ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170712-10268740-carview/
    2017年7月12日 ... アウディA8新型 発表「アウディ・サミット」でワールドプレミアされた4世代目アウディA8。 その実車画像をお届けする。まずは、ロングホイールベースのA8 Lだ。ブラウンの車両 は、W12モデル。水平のテールライトが、新型の証し新型アウディA8の詳細は、既報の「 新ア.
  • 今年発売の新型アウディQ5を2分動画でチェック!(carview!) - ニュース ...
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20170323-10262441-carview/
    2017年3月23日 ... 今年のアウディは去年と同レベルしか販売台数を稼げてません。去年の今頃といえば 排ガス不正問題の影響が色濃く残っている時期で一昨年に比べ販売台数を大きく落とし た時期でした。 この現状をアウディジャパンが「危機的」ととらえていれば、 マイナーチェンジ後のA3のように「装備を省いてでも価格を落とし、他メーカー競合車種 に対して価格競争力をつける」という判断をすると思います。 逆に「まだまだいける」と とらえていればA4のように「他メーカー競合車種よりもかなり高めな強気設定」をしてくる  ...