現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > アウディ「Q2」と「A3」に魅力的なアイテムをプラスした限定車が登場! 販売台数は合計で1000台

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.20

アウディ「Q2」と「A3」に魅力的なアイテムをプラスした限定車が登場! 販売台数は合計で1000台

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月19日、アウディジャパンはコンパクトモデルの「Q2」と「A3」に限定車「Q2 ♯コントラストスタイリング」、「A3ブラックスタイリング」を設定し、同日より発売した。税込車両価格は435万円~467万円だ。

ナビゲーションパッケージやアシスタンスパッケージを装備

    新型BMW1シリーズに向かって「眠い」とボヤいたら、海辺や大草原に連れていってくれた! 活性化プログラムが微妙に面白い

 「Q2 ♯コントラストスタイリング」は、116psと200Nmを発揮する1.0L直列3気筒ターボエンジン搭載車がベース。外観ではグレーのバンパー、ホイールアーチ、サイドスカートと5アームオフロードスタイルの18インチアルミホイール(Audi Sport)がSUVらしいタフさを演出。ボディカラーはクワンタムグレー、グレイシアホワイトメタリック、タンゴレッドメタリック、マコウブルークリスタルエフェクトの4色を設定している。


 装備面では、ナビゲーションパッケージやアシスタンスパッケージに加えて、オートマチックテールゲートやバーチャルコックピットといった魅力的なアイテムが装備されている。発売台数は限定375台で、税込車両価格は467万円(ボディカラーがマコウブルークリスタルエフェクトの場合は472万円)だ。


●「アウディQ2 ♯コントラストスタイリング」装備内容
・ナビゲーションパッケージ(MMIナビゲーションシステム/スマートフォンインターフェイス/8スピーカー/TVチューナー)
・アシスタンスパッケージ(アクティブレーンアシスト/トラフィックジャムアシスト/サイドアシスト/リヤクロストラフィックアシスト/ハイビームアシスト/プレセンスベーシック)
・オートマチックテールゲート
・バーチャルコックピット


 一方「A3ブラックスタイリング」は、セダンとスポーツバックの両ボディに設定され、122psと200Nmを発揮する1.4L直列4気筒ターボエンジン搭載車がベースだ。


 内外装ではシングルフレームグリル、ドアミラー、ルーフレール(スポーツバックのみ)をブラック塗装とし、足元にはAudi Sport製18インチアルミホイール、前席スポーツシートに赤のアクセントラインをあしらったスポーティな仕立てが特徴。ボディカラーはクワンタムグレー、ミトスブラックメタリック、タンゴレッドメタリック、グレイシアホワイトメタリックの4色を設定している。


 装備はLEDライトパッケージ、ナビゲーションパッケージ、コンビニエンスパッケージ、アシスタンスパッケージ、バーチャルコックピットなどが盛り込まれた充実した内容となっている。税込車両価格はスポーツバックが435万円、セダンが454万円で、発売台数はそれぞれお375台、250台の限定である。


●「A3ブラックスタイリング」装備内容
・LEDライトパッケージ(LEDヘッドライト/LEDリヤダイナミックターン インディケーター
・ナビゲーションパッケージ(MMI ナビゲーションシステム/TVチューナー/アウディサウンドシステム/スマートフォンインターフェイス)
・アシスタンスパッケージ(アクティブレーンアシスト/トラフィックジャムアシスト/サイドアシスト/リヤクロストラフィックアシスト/ハイビームアシスト/プレセンスベーシック
・コンビニエンスパッケージ(アウディパーキングシステム/リヤビューカメラ/アドバンストキー
・バーチャルコックピット
・ステアリングホイール3スポークレザー マルチファンクションパドルシフト フラットボトム

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • rom*****|2019/11/20 09:48

    違反報告

    ハイ、実質認めましたね高いと言われているのを。

    ね、自信なくしちゃいますよね?
    たった1ヶ月でもう息切れ90.2%でBMWMINIに抜かれ5位に転落です。

    Q2、A3は先日テコ入れされましたねMY19.5とも言うべきコントラストスタイリングとブラックスタイリングと舌を噛みそうな名前のグレードに入れ替わり、人気の装備を追加して「価格を抑える」だそうです。

    ハイ、実質認めましたね高いと言われているのを。

    調子に乗り過ぎというか日本では割高に感じてしまうのですが、ただ装備を追加するのはいいですがそれ以外にベーシックなモデルを用意してみては?と思わずにはいられませんおせっかいな私は(笑)MY20では今度こそフェイスリフトするのでそのあたりはちょっと考えないと屋台骨のQ2の復活はなさそうです。

    もう少し先を見据えてくださいねAJさん。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します