現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > これがBMW 5シリーズ 改良新型の「顔」だ!新グリルも完全露出

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.14
  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

BMW『5シリーズ』の派生ワゴン『5シリーズ ツーリング』LCI(Life Cycle Impulse=改良モデル)を、これまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えた。

キャッチしたプロトタイプは、フロントマスクがほぼ露出し、新グラフィックのLEDデイタイムランニングライト、縦型のサイドエアインテークが見てとれる。また注目されたキドニーグリルは巨大化されず、現行型とほぼ同サイズのようだ。

    BMW 3シリーズが今年のインポートカー・オブ・ザ・イヤーに決定。ダイナミック性能や先進アシスト技術に高い評価

しかし角が増えた新形状が確認でき、重厚なイメージが演出されているようだ。テールライトはまだガードが固いが、若干薄くリデザインされているように見える。(レスポンス)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

  • mon*****|2019/11/14 11:24

    違反報告

    5シリーズやEクラス、アウディA6やジャガーXFなどのEセグメントの欧州車たち。どれもが秀逸な出来です。そして、これらの対抗馬として作られたレクサスGSは、まもなく生産が終了してしまうそうです。
    パワートレーン、シャシー関連の絶対的な性能差、ブランド力、マーケティング。全ての点においてレクサスGSは欧州車に及びませんでした。欧州車と日本車の実力の違いを最も痛感するジャンルが「Eセグメント」だと思います。このジャンル、もう日本車が手を出すことはないでしょう。欧州勢に完敗です。
  • azu*****|2019/11/14 13:04

    違反報告

    7シリーズ並のバカデカグリルにならなくて良かった

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン