現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 三菱自動車がアセアン諸国に新型「エクスパンダークロス」を導入! MPVとSUVのクロスオーバー

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.13

三菱自動車がアセアン諸国に新型「エクスパンダークロス」を導入! MPVとSUVのクロスオーバー

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

11月12日、三菱自動車はアセアン諸国で好評を得ているコンパクトMPV「エクスパンダー」に、派生モデルとして新型「エクスパンダークロス」を設定し、インドネシアで発表した。

最低地上高は225mmを実現。高い悪路走破性も魅力

    マセラティがグラントゥーリズモの生産終了を記念した特別モデル「グラントゥーリズモ・ゼダ」を発表!

 ベース車となるエクスパンダーは、全長4475×全幅1750×全高1695mm、ホイールベース2775mmの7人乗りコンパクトMPVとして2017年に発売を開始。2018年度は約10万4000台を販売し、同社で4番目の実績を誇るヒット作。

 このたび設定された「エクスパンダークロス」は、エクスパンダーの上位モデルに位置付けられ、MPVならではの使い勝手のよさや広い室内空間に、SUVの魅力をプラスしたクロスオーバーとして登場した。


 エクステリアでは、最新の「ダイナミックシールド」フロントデザインコンセプトを採用したほか、SUVらしい堅牢さを際立たせるため、バンパー下部に専用のスキッドプレートを装着。タフなイメージを引き立たせている。車高はベースモデルのエクスパンダーと比べて20mm高められており、最低地上高はクラストップの225mmを確保。荒れた道路や浸水した道路での走破性を高めたほか、ドライバーの視認性を向上させている。


 インテリアの基本はエクスパンダーの魅力を踏襲。3列7人乗りのキャビンはクラストップレベルの広さを誇る。2列目シートは60対40、3列目シートは50対50の分割可倒機構が備わり、荷室スペースを多彩にアレンジできる。さらに、日本の「おもてなし」の考え方に基づき、ファミリーユースも視野に入れられ、各列に配置したUSB端子なの、細部にまで配慮された設計が特徴だ。


 パワートレインはエクスパンダーと同様で、105psと141Nmを発揮する4A91型1.5L直列4気筒ガソリンエンジンに4速ATまたは5速MTを組み合わせる。このエンジンは既存の4A9シリーズを強化したユニットで、静粛性や燃料効率が優れており、ボディに採用した高性能の遮音材や防振材との相乗効果により、高い静粛性を実現している。

 新型エクスパンダークロスは、エクスパンダーと同様に、インドネシアの乗用車生産拠点であるミツビシ・モータース・クラマ・ユダ・インドネシア(西ジャワ州ブカシ県)で生産。順次アセアン地域をはじめとする各国にも輸出される予定だ。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(MotorFan MotorFan編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します