現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ボルボ 60シリーズのセダン「S60」発売

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.6

ボルボ 60シリーズのセダン「S60」発売

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カー・ジャパンは2019年11月5日、フルモデルチェンジしたDセグメントのプレミアム・ミッドサイズ・スポーツセダン「S60」を発売した。

アメリカ工場で生まれたS60

    トヨタ 新型コンパクトSUV「ライズ」誕生

60シリーズはすでに新世代のXC60、V60シリーズが発売されているが、ようやくセダンが導入されることになった。S60として8年振りのモデルチェンジにより3世代目となった新型S60は、従来よりスポーティさを強調し、ダイナミックな走りアピールしている。

スカンジナビアン・デザインのシンプルで上質なインテリアを採用するとともに、ワゴンモデルのV60同様、全幅を1850mm(先代比-15mm)に抑えるている。これは日本のマーケットに対応するためとしている。




この新型S60は、2018年に稼動開始したアメリカ・サウスカロライナ州のチャールストン工場で最初に生産されたボルボ車で、電動化を見据えた取り組みの一環としてディーゼルエンジンのラインアップを持たない最初のモデルとなっている。

エクステリアとインテリア

エクステリアは、他のボルボ・モデル同様に北欧神話に登場するトール神が持つハンマーをモチーフとしたT字型のLEDヘッドライト、シャープなショルダーラインが印象的な新世代ボルボに共通するデザインで、シャープでスピード感を感じさせるアルファベットの「C」字型が向かい合う形状のLEDテールライトを採用している。

S60はSPAプラットフォームを採用し、ボディ・サイズは全長4760mm、全幅1850mm、全高1435mm、ホイールベース2870mm。先代より全長を125mm拡大すると同時に、全高は45mm低くし、伸びやかなスタイルとなっている。さらに全幅は15mm縮小し、日本の道路環境でも扱いやすいボディサイズとしている。

インテリアは洗練され、落ち着きのあるスカンジナビアン・デザインを採用。上級モデルの90シリーズと同機能を有するフロントシートを採用し、マッサージ機能やベンチレーション機能(インスクリプション・グレードに標準装備)など、快適装備も充実。ボルボのセダンで初めて採用したチルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ(オプション設定)は、閉じているときには濃色ガラスによって不快な眩しさを抑え、開け放てば爽快感あふれる空間へと一変させる。

安全システム、インフォテイメント

最新のテクノロジーを活用して、乗員のみならず、車外の人も守る先進安全・運転支援機能「IntelliSafe(インテリセーフ)」を全グレードに標準装備する。またインテリセーフのうち、シティセーフティ(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)には、新型V60から新たに導入された「対向車対応機能」を搭載する。

他の新世代ボルボ車から搭載している「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」、「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」と合わせ、国内における最も多くの交通死亡事故要因となっている対向車との衝突被害を、回避または軽減する機能を備えている。

インフォテイメントは、ボルボ共通の「センサス」を装備。9インチのセンターディスプレイを配置し、ドライバーが必要な情報は12.3インチ・ドライバー・メーターディスプレイ(4モード選択式)とヘッドアップディスプレイ(インスクリプション/ポールスター・エンジニアードに標準装備)にも表示される。

ナビゲーションの目的地設定やメディアの選択、エアコンの温度調整などの機能を音声でコントロールすることもできる。また、Apple社のCarPlay、Google社のAndroid Autoにも対応している。

オーディオは、インスクリプション、ポールスター・エンジニアードはハーマン・カルドン・プレミアムサウンド・オーディオシステムを標準装備。さらにインスクリプション、ポールスター・エンジニアードは、世界最高水準のパフォーマンスを誇る「バウアー&ウィルキンス製プレミアムサウンド・オーディオシステム」がオプション設定されている

グレードとパワートレーン

新型S60は、新世代パワートレーン「ドライブ-E」として2種類のガソリンエンジンと、2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定している。全てのパワートレーンは、高効率の8速ATを採用し、プラグインハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた電子制御AWDシステムを採用している。

2.0L・4気筒・直噴ターボのガソリン・モデルはT4とT5の2種類がある。T4は190ps、最大トルク300Nm/1400rpm-4000rpmを発生。低速から強力なトルクを生み出し常用回転域でゆとりある走りを実現している。

T5は、高回転域の優れたレスポンスと伸びやかなドライビング・フィールが特徴で、ハイパフォーマンス版の2.0Lエンジンを搭載。最高出254ps、最大トルク350Nmを発生する。

PHEVはT6とT8ポールスター・エンジニアードの2種類だ。いずれも2.0L・直列4気筒エンジンにターボとスーパーチャージャーを装備。T6は、最高出力253ps、最大トルク350Nm、T8はポールスター・エンジニアードは最高出力318ps、最大トルク430Nmを発生する高性能エンジンをフロントに搭載。

T6もT8ポールスター・エンジアードも240Nmのトルクを発生させる高出力の電気モーターをリヤに配置し、ガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWDとなっている。エンジンとモーターを最適に使用することで燃費およびCO2排出量を大幅に低減している。

なおT8ポールスター・エンジアードは、システム出力420ps(333ps/430Nm+87ps/240Nm)により、0-100km/h加速は4.3秒のパフォーマンスを実現。サスペンションには専用のオーリンズ製DFVショックアブソーバー(22段階調整)、ブレーキはブレンボ製フロントブレーキ(371mm/6ピストン)などを装備。

専用の内外装に加え、フロントとリヤには専用のエンブレムが取り付けられ、スポーツ走行に適したオープングリッドテキスタイル/ナッパレザー・コンビネーション・スポーツシート、ゴールドカラーのシートベルトなどによりハイパフォーマンスであることを強調している。

2つのパワーソースの組み合わせは、ドライバーによりシチュエーションに応じてハイブリッド、ピュア(EV)、パワー(ポールスター・エンジニアード)、AWDから好みのドライブモードが選択できる。EV走行距離(プラグインレンジ)はT6が48.2km、T8 ポールスター・エンジニアードが42km(国土交通省審査値)。

グレード展開は、「T4モメンタム」、「T5インスクリプション」、「T6ツインエンジンAWDインスクリプション」、「T8ポールスター・エンジニアード」(日本導入30台の特別限定車)とシンプルだ。

【価格】

ボルボS60 関連記事
ボルボ 関連記事
ボルボ公式サイト

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(Auto Prove Auto Prove 編集部)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します