現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 安全性能が向上! ダイハツが「ハイゼット・カーゴ」と「アトレー・ワゴン」を改良

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.7

安全性能が向上! ダイハツが「ハイゼット・カーゴ」と「アトレー・ワゴン」を改良

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スマートアシストIII装着車のライトをLED化

ダイハツは、軽商用車の「ハイゼット・カーゴ」と軽乗用車「アトレー・ワゴン」、軽福祉車両「ハイゼット ・スローパー」、「アトレー・スローパー」、「アトレー・リヤシートリフト」、および「ハイゼット・カーゴ」ベースの特装車シリーズを一部改良。11月1日より発売を開始した。

    第4の「ダイハツ・コペン」、その名は「GRスポーツ」

消費税込みの車両本体価格は、「ハイゼット・カーゴ」が951,500円~1,810,000円、「アトレー・ワゴン」が1,573,000円~2,070,000円。そして、「ハイゼット・カーゴ特装車」 は951,500円~2,201,100円となっている。

ハイゼットは1960年に発売され、農業や建設業、運送業、サービス業など幅広い業種で利用され累計生産台数は700万台を超える人気車種。中でも「ハイゼット・カーゴ」は、使い勝手の良さや積載性が好評で現行モデルは10代目となっている。

アトレー・ワゴンはハイゼット・カーゴをベースとした軽乗用車で、日常生活やビジネス、レジャーまで幅広い用途で利用できるモデルだ。両モデルとも2017年11月にマイナーチェンジを実施。衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を搭載したことで、安全・安心性能を向上させた。

今回の一部改良では、スマートアシストIII付きグレードに「LEDヘッドランプ」を標準装備。夜間の視界をより明るくすることで、安全性を向上させた。またアトレー・ワゴンとそれをベースとした福祉車両のボディカラーにレーザーブルークリスタルシャインを新設定している。

「ハイゼット・カーゴ」「アトレー・ワゴン」一部改良内容

・スマートアシストIII付きグレードにLEDヘッドランプを標準装備
・メーカーオプションに「LEDフォグランプ」を新設定
・アトレー・ワゴンと福祉車両の設定色にレーザーブルークリスタルシャインを用意


  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(LE VOLANT CARSMEET WEB H.Tanaka)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します