現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【ボルボ S60 新型】ミッドサイズスポーツセダンが8年ぶりフルモデルチェンジ 価格は489万円より

ここから本文です
ニューモデル 2019.11.5

【ボルボ S60 新型】ミッドサイズスポーツセダンが8年ぶりフルモデルチェンジ 価格は489万円より

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボルボ・カー・ジャパンは、ミッドサイズスポーツセダン『S60』を8年ぶりのフルモデルチェンジし、11月5日より販売を開始した。

3世代目となる新型S60は、ダイナミックな走りと流麗なスタイリングを両立したモデル。クリーンかつシャープなエクステリアや、スカンジナビアンデザインのシンプルで上質なインテリアを採用するとともに、ワゴンモデルの『V60』同様、全幅を1850mm(先代比-15mm)に抑えることで日本市場に配慮したジャストサイズを実現している。

    現行ボルボ唯一のセダン、新型S60はドイツ御三家と比べて実際どうなのか?

エクステリアは、T字型の印象的なLEDヘッドライトをはじめシャープなショルダーラインが印象的な新世代ボルボに共通する美しいデザインを採用。またシャープでスピード感あふれる、C字型が向かいあった形状のLEDテールライトを備える。ボディサイズは先代より全長を125mm拡大すると同時に、全高は45mm低く下げて伸びやかなスタイルとした。

インテリアは洗練されたスカンジナビアンデザインを採用する。上級モデルの90シリーズと同機能を持つフロントシートを採用し、マッサージ機能やベンチレーション機能(インスクリプショングレードに標準装備)など、快適装備も充実。ボルボのセダンモデル初採用のチルトアップ機構付電動パノラマガラスサンルーフ(オプション設定)は、閉じているときには濃色ガラスによって不快な眩しさを抑え、開け放てばキャビンをさらに爽快感あふれる空間へと一変させる。

先進安全・運転支援機能は、最新テクノロジーで乗員のみならず車外の人をも守る「インテリセーフ」を全グレードに標準装備。そのうちシティセーフティ(衝突回避・軽減フルオートブレーキシステム)には、新型V60より導入した「対向車対応機能」を搭載する。他の新世代ボルボ車から搭載している「オンカミング・レーン・ミティゲーション(対向車線衝突回避支援機能)」「インターセクション・サポート(右折時対向車検知機能)」と合わせ、対向車との衝突被害を回避または軽減することで、より安全性を高めている。

新型S60は、燃費効率とパフォーマンスを両立するボルボの新世代パワートレイン「Drive-E」として2種類のガソリンエンジンに加え、2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定した。

ガソリンエンジン「T4」は最高出力190psを発揮する2.0リットル4気筒直噴ターボ、「T5」は最高出力254psを発生する高性能バージョン。PHEVの「T6/T8ポールスターエンジニアード」は、スーパーチャージャーとターボチャージャーにより、最高出力253ps(T6)/318ps(T8)を発生する高性能ガソリンエンジンをフロントに、240Nmのトルクを発生させる高出力電気モーターをリアに配置。ガソリンエンジンで前輪、電気モーターで後輪を駆動するAWD車でエンジンと電気モーターの連携により燃費消費量およびCO2排出量を大幅に低減する。

すべてのパワートレインは、高効率の8速ATを採用し、プラグインハイブリッド車はエンジンと電気モーターを組み合わせた電子制御AWDシステムにより快適性と卓越した走行性能を両立する。なお新型S60は、電動化を見据えた取り組みの一環としてディーゼルエンジンのラインナップを持たない最初のモデルとなる。

インフォテイメントシステムは、ドライバーが直感的に操作できる「センサス」を搭載。ナビゲーションやメディアの選択、電話、エアコンや車両の各種設定などを素早く行うことができる。

インパネ中央には赤外線方式タッチスクリーンを採用し、手袋をしたままでも操作可能な9インチのセンターディスプレイを配置。ドライバーが必要な情報は12.3インチドライバーディスプレイとヘッドアップディスプレイ(インスクリプション/ポールスターエンジニアードに標準装備)にも表示される。またナビゲーションの目的地設定やメディアの選択、エアコンの温度調整等の機能を音声でコントロールすることも可能。Apple CarPlayとAndroid Autoにも対応する。

パワフルできめ細やかなサウンドを実現する「ハーマンカードンプレミアムサウンド・オーディオシステム」(インスクリプション/ポールスターエンジニアードに標準装備)は、出力600Wのデジタルアンプと14個のスピーカーで構成。そこから送り出されるサラウンドサウンドが、音楽に包み込まれる上質な音場体験を演出する。

価格はT4モメンタムが489万円、T5インスクリプションが614万円、T6ツインエンジンAWDインスクリプションが779万円。

またボルボ・カー・ジャパンは、新型S60をベースに開発した初の高性能コンプリートカーとして、特別限定車「S60 T8ポールスターエンジニアード」を30台限定で発売する。

特別仕様車は、T8ツインエンジンAWDパワートレインをベースにポールスターがチューニング。

参考出力420psの圧倒的なパワーで、0-100km/h加速4.3秒のパフォーマンスを実現する。高性能化に合わせ、シャシーには専用のオーリンズ製DFVショックアブソーバー(22段階調整)、ポールスターエンジニアード/ブレンボ製フロントブレーキ(371mm/6ピストン)などを採用する。また、専用の内外装に加え、スポーツ走行に適したオープングリッドテキスタイル/ナッパレザー・コンビネーションスポーツシート、ゴールドカラーのシートベルトなどを装備。スポーティな個性を演出している。

価格は919万円。

  • みんカラ つぶやく
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

(レスポンス 纐纈敏也@DAYS)

コメントの使い方

みんなのコメント

ログインしてコメントを書く

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します